- Blog記事一覧

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

Blog記事一覧

腰痛と頭痛

2018.01.17 | Category: 姫路 腰痛,腰痛と頭痛,頭痛

治療院のデスクより…、

おはようございます。
院長の堀です。

・腰痛になる人、
・膝痛になる人、
・頸部痛になる人、
・肩関節周囲になる人

皆さん、
それぞれに困っていると思いますが、
一つの疾患・症状でお困りの方は、
少ないと言えます。
もし、現在進行形の方で、
一つの疾患しかないのであれば、
今後、なる可能性が高いと言えるでしょう。
私自身、15年病院勤務経験より
高齢になるにつれ、既往歴が多くなってきます。
また、右側がなれば左側もなりやすいとも
昔から言われていますね。

肩甲骨と骨盤は非常に密接に関係性が
強いと言われています。
肩の治療に、骨盤を治療する事が
多くあります。

考え方を変えると、
骨盤の歪みなどで、
肩関節の症状を引き起こすと言えます。

考えてみてください!
 ・あなたの姿勢はどうですか?
 ・円背?骨盤後傾してませんか?
 ・頭が前に位置してませんか?

言い方を変えます。
 ・長時間同じ姿勢をしてませんか?
 ・運動不足ではありませんか?

多分、姿勢が悪いと思います。
外的ストレスからも・精神的からも関与してきますが、
最初は、姿勢不良が多いです。

その点は共通点と言えます。
対処方法も重なっている事が多いです。

姫路市内で腰痛や膝痛、
股関節痛など、
痛みで困っている方、
是非、当院にお越しください。

LINE登録で、無料相談を実施しています。
https://line.me/R/ti/p/%40kry0363g

五十型(肩関節周囲炎)と頭痛の関係性

2018.01.16 | Category: 五十型(肩関節周囲炎)と頭痛,頭痛

自宅のデスクより

おはようございます。
院長の堀です。

頭痛と五十型の関係性について
お話していこうと思います。
頭痛、五十型とブログで
一通り説明していますので、
詳細は、そちらをご覧ください。

五十型は症状名であり、
実際の診断名は『肩関節周囲炎』と
言われています。

肩関節周囲炎は、
簡単に言うと「老化による退行性変化」と
「運動不足」、「急激な外的ストレス」などが
原因で引き起こされる病気です。

肩関節周囲炎と頭痛の関係性
  頭痛と肩甲骨の関係について、
 1月14日のブログ
「その頭痛、肩からきていませんか?」
 ご覧いただくと記載していますが、
  肩関節周囲炎の方は、
どうしても肩甲骨の周囲の筋肉が硬くなり、
なおかつ、痛みにより、より緊張し、
それが長引くにつれ、
「痛い」というイメージが先行してしまい
体がより硬くなるという悪循環に陥ります。
そのため、より肩甲骨周囲筋群が硬くなる事で、
頭痛を引き起こしやすくなるという事です。

対処方法
 まず、肩関節の治療が第一選択かと思います。
 平行して頭痛の治療を行っていきます。

姫路市内で腰痛や膝痛、
股関節痛など、
痛みで困っている方、
是非、当院にお越しください。

LINE登録で、無料相談を実施しています。
 https://line.me/R/ti/p/%40kry0363g

緊張性頭痛はどんな症状なの?

2018.01.15 | Category: 頭痛

治療院のデスクより

おはようございます。
院長の堀です。
本当に寒くなっていますね。
私自身、先日からチラシを昼・夜と
時間が決めて、巻いています。
ちょうどダイエットにも良いと思っています笑

いつも、夕食を0時頃食べ、
すぐに寝てしまうという日々をおくっていました。
それを無くすようにします。
私の決意です笑

さておき、
緊張性頭痛はどんな症状なの?
 ・首や肩がこりやすい
 ・肩こりや首の筋のこりと頭痛が一緒に
 ・ギリギリと頭をしめつけられるような痛み
 ・ぎゅーっと締め付けられるような感じ
 ・後頭部から首筋にかけて両側がズキズキ
 ・頭がバンバンに張ったような感じ
 ・コンピュータや机などに向かうことが多い
 ・目が疲れやすい、何もしていないのに疲れる
 ・こんつめての仕事が多い
 ・ダラダラと頭痛が続く(ほぼ毎日)
 ・後頭部を指圧すると楽になる
 ・休養、睡眠で楽になる
 ・日頃あまり運動をしていない
 ・軽い運動、入浴、などで頭痛が楽に

頭蓋骨との関係性は?
  頭蓋骨は、前頭骨、側頭骨(2つ)、
 頭頂骨(2つ)、後頭骨の4つの骨があります。
 その骨は、成長とともに閉じて、
 脳を保護する頭蓋骨となります。
 日々の生活をおくる中で、
 その頭蓋骨一つ一つが少しのズレが生じる事で、
 全身のズレが起こるといった影響が
 出てきやすくなります。
 だからこそ、その頭蓋骨を調整することで
 全身を調整していくといった事を行うのです。

基本は、
骨格・筋肉⇒内臓⇒頭蓋骨
などの
治療方針です。

  取り除きにくい症状などは
 頭蓋骨の調整が必要かもしれませんね。
 そこに対して、リハビリ業界は、
 殆ど治療しません。する力がありません。
 動かないとされいるし、
 そもそも理学療法士・作業療法士などの
 スキルは、ほとんどない状態で臨床に出されるため、
 スキルのない先生は、本当にないです。

  しゃべって、手足をいって、ごもっともな事を言うて
 あとは、1週、2週と動かしていくなかで、
 体力がつき、良くなるといった形が多いと思います。
 決して、リハビリの先生のおかげではなく、
 回復は、その患者様の力、治癒力の高さと努力に比例します。

姫路市内で腰痛や膝痛、
股関節痛など、
痛みで困っている方、
是非、当院にお越しください。

LINE登録で、無料相談を実施しています。
https://line.me/R/ti/p/%40kry0363g

その頭痛、肩からきていませんか?

2018.01.14 | Category: 頭痛

治療院のデスクより

おはようございます。
院長の堀です。

皆さん、頭痛って辛いですよね。
アレルギーの方も辛いと思いますが、
同じように注意力が欠けてしまい
物事に集中できず、
また関心力も薄れてしまいますよね。

私自身もそうです。
意欲があるのに、
頭痛が・・・、
というのが、よくあります。

なんとかしたいですよね。
なんとかしましょう!!

その頭痛、肩からきていませんか?
  緊張型頭痛は、
 肩や首の筋肉の緊張からおこる頭痛。
 多くは肩こりが見られ、
 頭の後ろからてっぺんあたりがズキズキする。
 「肩こり頭痛」「筋収縮性頭痛」とも呼ばれる程です。

  症状は、頭を締めつけられるような頭痛が
 持続的に発症。「ヘルメットをかぶったような圧迫感」
 「はちまきで 締め付けられるようなギューっとした痛み」
 などと表現される事が多いです。
 後頭部から首筋にかけて、多くは両側におこります。
 症状が悪化していくと、稀に発症していた頭痛が、
 頻繁に発症するようになり、
 その後は慢性的な頭痛になるんです。
 何よりも悪化を予防することが大切です。

   肩甲骨は、宙に浮いた関節です。
 それを筋肉で支持している状態です。
 肩甲骨は、細かな作業など腕を使う時にも、
 大切な部位です。
 肩甲骨が機能する事が大切といって良いでしょう!!
 その肩甲骨を支える代表的な筋肉として
 帽筋上部線維や肩甲挙筋、
 胸鎖乳突筋や斜角筋など
 上部頸椎や頭蓋骨に着く筋肉があります。

 その筋肉が硬くなる・緊張する事で
 頭痛を引き落としてしまうという事です。

対策として
 ①筋肉・骨格の調整
 ②姿勢の調整
 ③体操

この3本柱が大切になってきます。

姫路市内で腰痛や膝痛、
股関節痛など、
痛みで困っている方、
是非、当院にお越しください。

LINE登録で、無料相談を実施しています。
 https://line.me/R/ti/p/%40kry0363g

頭痛の7割と言われているのは?

2018.01.13 | Category: 姫路 腰痛,頭痛

おはようございます。
院長の堀です。

私事ですが、
一年で15㎏程体重が増えたんです。
本当に体がおかしいです。
座っている姿勢、
歩いく姿勢など
体の使い方が変な感じになっています。

なぜ体重が増えたのか?
それは、ご来院された時に
お話します。
また、一緒にダイエットしたい方、
お問い合わせを笑
 https://line.me/R/ti/p/%40kry0363g

今回は、頭痛について
お話していこうと思います。
私自身も、太って頭痛の回数が増えています。

頭痛について、
以前ブログで説明しています。
詳細は見てください。

頭痛の約7割を占める
「緊張型頭痛」と言われています。

特徴として
  肩こりがひどくて、頭痛もズキズキする。
  頭痛には、慢性頭痛である片頭痛や群発頭痛など、
 さまざまな種類があります。
 痛みの程度もそれぞれあります。
 そんな頭痛の中で、
 最も多くの割合を 占めるのが緊張型頭痛なんです。
  ※一部で「緊張性頭痛」とも呼ばれています。

 緊張型頭痛は、現代病と私自身は思っています。
スマートホン操作などの姿勢不良が増え、
運動不足や、食生活の偏りなどが影響を受けています。

以前は、
ロキソニンなど消炎鎮痛剤を服薬していました!
緊張性なので、
 ①頸部周囲の筋肉、また全身の筋肉の関係性
 ②頭蓋骨の微妙なズレ
 ③内臓
  それを意識し、
自分自身は筋肉の調整と頭蓋骨の調整で
現在は楽になっています。

次回は、頭痛の対処方法について
お話しようと思っています。

姫路市内で腰痛や膝痛、
股関節痛など、
痛みで困っている方、
是非、当院にお越しください。

LINE登録で、無料相談を実施しています。
 https://line.me/R/ti/p/%40kry0363g

*営業時間は10時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒670-0012
兵庫県姫路市本町68-290 イーグレ姫路112区画

駐車場

イーグレ姫路の建物内に駐車場は完備されておりますが、少々割高なため、近くのコインパーキングをご利用ください。

詳しくはこちら

休診日

不定休