- 膝痛

膝痛

あなたの膝痛、いつまで続くのですか!
長年困っていた膝痛が数回、一回で変化が出た、施術を経験しませんか?
好きな所に歩いていける喜びを、経験しませんか!

本当に骨が問題ですか!

「我慢していませんか?」「諦めていませんか?」「通院して効果でていますか?」
長年悩み続けた痛みを改善する方法を知りたくないですか?もうそんな身体、卒業しましょう!

本気で症状を改善したいと思っているあなたへ

こんな症状で悩んでいませんか?

  • 膝を曲げ伸ばしで痛みがでて、正座ができない
  • 走ると痛みがでてランニングができない
  • 階段の上り降りがつらい
  • 立ったりしゃがんだりがつらい

ずっと悩んで、好きな事、仕事に影響があるなら、自分の行動を考えるべきです。諦めているのなら、このページを閉じて下さい。
もし、症状が改善できると信じているのなら、痛みを気にすることなく、好きな事を楽しみながら過ごせる未来を想像しているのであれば、是非このまま読み進めて下さい。お役に立てると思います。

現状のままでいいのか!

多くの膝痛は病院で画像診断され、異常がみられない事もあり、「原因がわからない」「使い過ぎだから安静にしましょう」「変形性膝関節症です。加齢で軟骨がすり減ってます」「一生この膝と上手く付き合う事が重要です」「筋力がないので筋力をつけましょう」「注射しときましょうか」などと告げられます。

また「最終手段としては、手術を考えておく事も選択肢の一つです」なんて言われませんか?

ホットパック・電気・牽引治療で、改善できていますか?単に足に重りをまいて運動していませんか?ただ通院し満足していませんか?
改善できないのは、結局、膝が痛いからと膝に電気あてたり、注射・湿布やサポーターで痛みをごまかし、根本的な治療ができておらず一時しのぎにすぎないからです。本当の原因を理解・追及できていないからです。
変化・改善を求めるあなた、是非にお越し下さい。

膝痛とは

現在、膝痛で病院への通院している方は一千万人いると言われ、通院していないけど膝痛で悩まれている方は、3千万人もいると言われています。整形外科の通院理由では腰痛の次に多いのが「膝痛」なのです。

膝痛は、女性に多いと言われるのは妊娠・出産や閉経によるホルモンの影響により、骨密度・筋力の低下してしまい、支えが弱くなり痛めてやすくなります。また、骨盤が緩む・歪むなど、足を組むなどの姿勢不良肢位が多いなどがあげられます。基本的に足部・膝・骨盤・股関節・肩甲帯と主要な関節は連結しており、その影響も考えなければなりません。

膝は平地の歩行時で体重の3倍、階段昇降で7倍、ランニングでは10倍の負担がかかりますので、スポーツ(特にランニング)をしている人、高齢になり筋力低下や円背などの姿勢不良により長年間違った使い方・負担をかけていたなら、当然痛くなります。また、腰痛などの他の疾患が併用しているなら、より影響が大きいと思います。

原因は膝の軟骨ではなかった!

原因は3つあります(一般的には)

①過剰なストレスによるもの。②加齢によるもの。③内科的な問題など

悩まされる人は?

①50代以降の女性。②激しい労働職(現場職・介護職)、立ち仕事に就いている方③スポーツ(マラソンなど)をしている方④急激な体重の増加・過度の肥満⑤運動不足

年齢や発生原因によって違います

①成長期に多い「ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)」「オスグット病」②膝の外側に痛みがでる「ランナーズニー(腸脛靭帯炎)」③膝の内側に痛みがでる「鷲足炎(がそくえん)」④50代以降に多い「変形性膝関節症」「膝蓋大腿関節症」⑤十字靭帯・半月板の損傷
などがあります。

どのようにアプローチするの?

トリガーポイント治療・筋・筋膜治療、内臓・頭蓋治療と体幹トレーニングなどの運動療法です。
方針は過剰なストレスを取り除き、強い体幹機能を作るの2つです。それに心理療法なども交え総合的な治療を行います。

筋骨格的な問題での腹圧低下・患部へのストレス↑+腰部・臀部の過緊張+姿勢不良→症状出現
そのため、治療は3つです

①上半身・体幹・下半身の強化・連携強化+②トリガーポイント療法、筋・筋膜療法、内臓・頭蓋治療などの徒手療法+③姿勢改善→改善

当院でおこなう「包括的腰痛アプローチ」

電気治療など物療治療は行いません。全て徒手で行います。問題がどこにあるか見分け、筋・筋膜・関節・姿勢などにアプローチを行います。
治りが悪い時では、内臓・頭蓋治療なども行っていきます。運動の習慣化や自宅で行える運動なども指導し、一緒に進んでいきましょう。病院勤務の経験があり、良く膝の患者様は診ていましたので安心してください。


*営業時間は10時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒670-0012
兵庫県姫路市本町68-290 イーグレ姫路112区画

駐車場

イーグレ姫路の建物内に駐車場は完備されておりますが、少々割高なため、近くのコインパーキングをご利用ください。

詳しくはこちら

休診日

不定休