- Blog記事一覧 -どのように行動すべきか!

どのように行動すべきか!

2017.05.23 | Category: ぎっくり腰,腰痛

こんにちは
「姫路整体院 にこにこ」の院長の堀です。
みなさん、どうお過ごしですか?
僕は、・・・・・、
ですね笑

今回「ギックリ腰シリーズ その⑦」です。

ぎっくり腰になってしまった後が大事なんですよね。
何事も「何かが起こった後、どのような行動がとれるか?」
が大事と言われていますよね。同じですね。

ギックリ腰って、結局なるべきして起きたような事ですよね。
ただ、限界ラインを超えただけであり、もともと予備軍であった。
という事は以前から言ってますね。

じゃー、どう行動するか!!
炎症が収まる3日後あたりからですね。

それまでは急性期といって炎症を起こして状態なので、

できるだけ筋肉を動かさないように気をつけましょう。
一般的な目安として、痛みが軽くなってきた頃から運動やリハビリを

始めても良い時期だとされています。ぎっくり腰が慢性期になると

じっとしているよりも、体を動かした方が楽に感じる事もあります。

ですが、運動をしようとして痛みが再発してくるようなら、

まだ数日は控えた方が良いと思います。
一週間も経てば、体を動かすのは特に問題はないのですが、

激しい運動はまだやらない方が良いと思います。

まずは、深呼吸からはじめお腹周りを動かしていきましょう。
なお、ギックリ腰の対処法や改善法などは人によって当然異なります。

自己判断をせず、必ず医師や医療機関、あるいは他の医療系資格者による

専門家に相談した方が良いですよ。
僕でも大丈夫ですよ笑

 

スポーツしたいなー
腰に負担のかかるスポーツは控えた方が良いです。
一般的には、テニス・ゴルフは得にダメなスポーツです。
腰の回転要素が入り、負担が多きからです。
勘違いしないでほしいのは、慢性期になって痛みが減ってきたからといって、
完治したと思わないでほしです。無理をして動かして再発してしまう事が
多いです。柔軟性や筋肉の質・可動性などの低下している事を
忘れないでください。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
ぎっくり腰・産後の腰痛・腰椎ヘルニア
ストレートネック・肩こり、オスグット・変形性膝関節症、坐骨神経痛 など
お困りの方は、是非、[肩こり・腰痛専門]姫路整体院 にこにこ

に問い合わせください。


月別アーカイブ

カテゴリ一覧

*営業時間は10時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒670-0012
兵庫県姫路市本町68-290 イーグレ姫路112区画

駐車場

イーグレ姫路の建物内に駐車場は完備されておりますが、少々割高なため、近くのコインパーキングをご利用ください。

詳しくはこちら

休診日

不定休