- Blog記事一覧 -妊娠中から腰痛が起こりやすいのはなぜ?

妊娠中から腰痛が起こりやすいのはなぜ?

2017.05.23 | Category: 産後腰痛,腰痛

こんにちは
今回から「産後の腰痛シリーズ」で話していきたいと思います。
妊娠中、産後の腰痛が多いんですよね。やっぱ無理をしてしまうんでしょうね。
痛いのを我慢し、まず育児など・・と。
そういう人が多いので、悪化してからくるという負の連鎖になるんです。
だから、今回の話を読んでいただき、考え方を変えて頂きたいです。
産後の腰痛
まず、今回は
妊娠中に腰痛が起こりやすいのはなぜ?
から考えていきたいと思います。

3つの原因

  1. ホンモンの影響
  2. 重心の変化
  3. 心理的な不安

①ホルモンの影響

妊娠する事で、卵巣からリラキシンというホンモンが分泌されます。
これは、赤ちゃんが生まれる時に狭い骨盤でもスムーズに通れるように、
骨盤の恥骨結合を緩める働きをします。
そのホルモンが分泌されると、骨盤だけでなく、
全身の靭帯も緩んでしまうんです!それがそもそもの原因です!
靭帯が緩むと関節が動きやすくなるため、体の支えが不安定になり、
それを腰の筋肉が補おうとして腰痛が起こるという事です。
リラキシンは妊娠4週頃から分泌されるため、
お腹が大きくない妊娠初期でも腰が痛む事があります。

 

②重心の変化

妊娠すると、見ての通り、お腹がだんだん大きくなりますよね。
そうなると自然に姿勢はどうなります?
前方へ傾いていきますよね。それがそもそもの原因です!
重心が前方へ変わるため、倒れないようにと背中の筋肉が後ろへバランスを
とろうとします。その結果、腰を反らしたような姿勢になってしまいます。
腰椎や腰を支える筋肉に負担がかかることから

腰痛が起こりやすいと言えます。

 

③心理的な理由

初めての出産の場合は、特に赤ちゃんを産む事に対する不安を
覚える事があります。このような心の揺れが体を緊張させ、
腰の周囲の筋肉を収縮させてしまう事があるとされています。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

腰痛(ぎっくり腰・腰部脊柱管狭窄症・腰椎ヘルニア)
ストレートネック、膝痛、坐骨神経痛 など
お困りの方は、是非、[肩こり・腰痛専門]姫路整体院 にこにこ

 に問い合わせください。


月別アーカイブ

カテゴリ一覧

*営業時間は10時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒670-0012
兵庫県姫路市本町68-290 イーグレ姫路112区画

駐車場

イーグレ姫路の建物内に駐車場は完備されておりますが、少々割高なため、近くのコインパーキングをご利用ください。

詳しくはこちら

休診日

不定休