- Blog記事一覧 -腰痛対策とは?

腰痛対策とは?

2017.05.23 | Category: 産後腰痛,腰痛

こんにちは
「産後の腰痛シリーズ その②」です。
で、前回お伝えしたように、妊娠すると様々な理由から
腰痛が起こりやすくなる事は分かりましたね。
では、起きてしまう事は仕方なくても、
対処によって痛みを緩和させる事ができるので、
その対策を行いましょう。

妊娠中の腰痛対策

①入浴で体を温める

シャワーで済ます人もいるかと思います。しかし、血流って大切ですよね。
体が冷えてしまうと、血流が悪化してしまいます。血流が悪くなると、
筋肉が硬くなって腰痛が起こりやすくなるので、出来るだけ湯船につかって
体温を温めるようにした方が良いみたいです。半身浴も効果的ですよ。

②適度な運動を心がける

筋肉が張ってしまうと腰痛に繋がります。そのため、
ストレッチやウォーキング、マタニティーヨガ・スイミングなど、
適度な運動を行う事で筋肉をほぐしてあげる事が大事です。
運動は、血流の悪化防止にも効果的ですし、肌にも良いですよ笑
ただし、お医者さんの指示に従って下さい。

行うのは妊娠中期以降であり、許可などもらってから行って下さいね。

③2,3センチのヒールのある靴を履く

かかとが平面の靴よりも、2~3㎝程ヒールのある靴を履くと、
重心が後ろにかかって安定します。ただし、ヒールは細いものでなく、
しっかりしたものを選びましょう。高すぎたり、
無理して履くのは辞めましょうね。

④重たいものはゆっくり持ち上げる

体の重心など、かわってきますよね。体型が。そのため、
妊娠する前と同じような要領で重たいものを急に持ち上げると、
腰にスジが通ったような痛みが起こる事があります。荷物を持つ時は、
片膝をつけたり、腰から上にゆっくり重心を動かすようにしましょうね。

⑤骨盤ベルトで固定

腰痛が辛くて歩くのも大変という場合は、
骨盤ベルトを活用した方がいいですね。腰、筋肉に負担が大きいです。
僕もなんですけどね笑
急に太った事ある方は分かると思います笑笑
一緒にすると怒られるかもしれませんが、腰が重くなったり、
歩き方が変わったりするのは、似てます。
正しく装着して骨盤を固定する事で、緩みや歪みを防ぐ事ができます。
また便秘の解消にも役に立つと言われています。

⑥緩めの腹巻を巻く

腰痛対策には腰周りを温める事が大事です。
緩めの腹巻を巻く事で腰周辺を温める事もできます。
締め付け過ぎない程度の腹巻を巻くのもいいと思いますよ。

妊娠中は神経質になると思います。で、肩こりや腰痛が出現しやすいので、
対策はおこなった方が良いと思います。
分からない事があれば気軽に問い合わせください。

一人で頑張らないで下さい。
必ず身近人には相談してくださいね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。
ぎっくり腰・産後の腰痛、肩こり・頭痛、股関節痛・膝痛 など
お困りの方は、是非、[肩こり・腰痛専門]姫路整体院 にこにこ

 に問い合わせください。


月別アーカイブ

カテゴリ一覧

*営業時間は10時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒670-0012
兵庫県姫路市本町68-290 イーグレ姫路112区画

駐車場

イーグレ姫路の建物内に駐車場は完備されておりますが、少々割高なため、近くのコインパーキングをご利用ください。

詳しくはこちら

休診日

不定休