- Blog記事一覧 -対策はどのように?

対策はどのように?

2017.05.23 | Category: 腰痛,腰部脊柱管狭窄症

こんにちは。
「腰部脊柱管狭窄症シリーズ その⑥」で、お話していきます。
今回は、脊柱管狭窄症の対策として、考えていこうと思います。

対策はどのように?
①冷やさないようにする。上手に温める。
脊柱管狭窄症の痛み・痺れは慢性的な痛みや痺れですので、

冷やすと症状が悪化します。下着や衣服、暖房をうまく使って、

冷やさないようにしましょう。カイロなどを上手く利用すると良いです。

②立っている時の姿勢に気をつける。前かがみの姿勢。
立っている時に、お腹が出ていたりすると、

反り腰になり、余計に痛くなります。
お腹を少しひっこめるようにして、腰が反らないようにしましょう。
前かがみになると、脊柱菅の狭窄が緩み神経への圧迫が弱まります。

③調子のよい時は、しっかり運動。悪い時は運動を控える。

  適度に体を動かしましょう。
調子の良い時は神経の圧迫が少ない時ですので、

しっかり運動をして下さい。逆に、調子の悪い時に

神経を圧迫している時なので無理をすると、
神経を損傷させて悪化させる危険性があります。

④腹筋を鍛えましょう。
腹筋が強くなると、腹圧が上がり、腰椎を保護してくれます。
逆に、腹筋が弱くなると腹圧が下がり、腰椎の負担が大きくなり、
脊柱管狭窄症になったり、悪化させるリスクを高めます。
当院では、息を吐きながら10秒間かけて徐々に

お腹をひっこめるトレーニングをお勧めしています。

⑤歩く時は杖やカートを利用する

⑥重い物を持ち上げたり腰をひねる事はさける。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。
定期的に書いていきますので、気楽によんでください。

腰痛(ぎっくり腰・腰部脊柱管狭窄症・腰椎ヘルニア・圧迫骨折)
ストレートネック、膝痛、変形性股関節症、肩関節周囲炎など
お困りの方は、是非、[肩こり・腰痛専門]姫路整体院 にこにこ

 に問い合わせください。


月別アーカイブ

カテゴリ一覧

*営業時間は10時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒670-0012
兵庫県姫路市本町68-290 イーグレ姫路112区画

駐車場

イーグレ姫路の建物内に駐車場は完備されておりますが、少々割高なため、近くのコインパーキングをご利用ください。

詳しくはこちら

休診日

不定休