- Blog記事一覧 -病院での診断・治療は?

病院での診断・治療は?

2017.05.23 | Category: 腰椎椎間板ヘルニア,腰痛

こんにちは。
「腰部脊柱管狭窄症シリーズ その⑦」をお話します。
今回は、病院での診断・治療はどのような事をするか?
を話していきます。

脊柱管狭窄症の病院での診断・治療は?
①整形外科で診断を受けましょう。
腰部脊柱管狭窄症は高齢者に多いため、年のせいと諦めがちです。
しかし、当院の施術と運動・体操の組み合わせで、

変化があるかもしれません。必ず諦めないでください。

「姫路整体院 にこにこ」に受診前に、

まずは整形外科で診断を受けましょう。なぜなら、

手術適応かもしれませんし、症状を改善させるには2~3カ月単位の継続が
必要だからです。

整形外科では、レントゲンの後にMRIを撮って、

脊柱菅が狭まっている事を確認して診断します。

脊柱管が狭まっているという事は、骨や靭帯、
椎間板などが肥厚して圧迫しているという事です。

その肥厚した骨や靭帯や椎間板が1週間や10日でなくなる訳がありません。

それが、原因ではなく、筋性などであれば、
1回で変化があり、継続して体質を変える事で体が楽になります。
したがって、3カ月以上、施術を継続する覚悟をする為にも、
自分自身で納得する為にも、病院で診断を受ける事をお勧めします。

 

②病院での治療
病院での治療は、まずは鎮痛剤などのお薬と、腰の牽引、

電気治療、マッサージ、リハビリなどで様子をみます。

鎮痛剤は、効果の弱いものから、強いものに変えながら
経過を診ていきます。痛みが強い場合は、神経ブロック注射なども行います。
それで改善がみられず、10~20m歩くのが痛くて辛いようなら、
最終的手段として手術を行います。

リハビリとしては、筋力・感覚や動作能力を評価して医者に報告します。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
定期的に書いていきますので、気楽によんでください。

腰痛(ぎっくり腰・産後の腰痛・慢性腰痛)、
肩関節周囲炎、膝痛、頭痛・肩こり・肩関節痛など
お困りの方は、是非、[肩こり・腰痛専門]姫路整体院 にこにこ

 に問い合わせください。


月別アーカイブ

カテゴリ一覧

*営業時間は10時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒670-0012
兵庫県姫路市本町68-290 イーグレ姫路112区画

駐車場

イーグレ姫路の建物内に駐車場は完備されておりますが、少々割高なため、近くのコインパーキングをご利用ください。

詳しくはこちら

休診日

不定休