- Blog記事一覧 -高齢化と圧迫骨折について

高齢化と圧迫骨折について

2017.07.19 | Category: 腰椎圧迫骨折,腰痛,高齢者

こんにちは

「腰痛シリーズ その㊲」です。

本日は、僕が独立した原因の一つである、

医療現場というか、リハビリの現場のお話と、

高齢化と圧迫骨折の関係についてお話します。

 

まずは、

高齢化と脊椎圧迫骨折の原因(圧迫骨折は増えているのか?)

長期的に脊椎圧迫骨折発生率を観察すると、

発生率は近年減少している。しかし、年齢とともに、

脊椎圧迫骨折発症率は高くなるため、

高齢化社会においては、

脊椎骨折予防は、医療および社会経済面から重要と考えます。

 

で、病院の現場はどうでしょう??

リハビリ業界において、

誰がやっても、一所懸命やっても、

ぺちゃぺちゃしゃべってるだけでも、

みな同じなんです。

 

別の言い方にします。

患者さんからみてどうでしょう。

何も知らない人なら、

または、あまり運動したくない人なら、

運動をあまりしないで楽で、

今どきの子なので若いので、

キャバクラのような感じになり、

「喜ぶでしょう」

患者さんの満足度は高くなります。

逆に、一生懸命、リハビリを考えている先生では、

「嫌がられます」

 

おかしな世界になってます。

 

それは、訪問リハビリも、

同じです。

 

お客様の言いなりで、嫌な事をされると、

「交代して」となります。

 

何がいいたいか?

お客様しだいで、リハビリ業界は変わると言いたいんです。

 

そうは言っても、そんな事は難しいと思います。

だから、現場は変わらないでしょう。

だから、独立しました。

手法は違いますが、僕なりに

痛みで悩んでいる方に、向き合っていきたいと思ったんです。

 

現場はひどいです。

特に、作業療法士は笑

何もできないです。僕がいた病院、

知っている範囲ですけど。

 

結局、愚痴になりましたね笑

 

もっと言いたいんですけどね。

現場はヒドイと思ってください。

そうしているのは、政府であり、患者一人一人です。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

腰痛(腰部脊柱管狭窄症、腰椎ヘルニア、慢性腰痛)

ストレートネック、膝痛(変形性膝関節症・オスグット)など

お困りの方は、是非、[肩こり・腰痛専門]姫路整体院 にこにこ

に問い合わせください。


月別アーカイブ

カテゴリ一覧

*営業時間は10時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒670-0012
兵庫県姫路市本町68-290 イーグレ姫路112区画

駐車場

イーグレ姫路の建物内に駐車場は完備されておりますが、少々割高なため、近くのコインパーキングをご利用ください。

詳しくはこちら

休診日

不定休