- Blog記事一覧 -大腿筋膜張筋と腰痛について

大腿筋膜張筋と腰痛について

2017.07.30 | Category: 腰痛

こんにちは

姫路整体院 にこにこの院長の堀です。

今日もブログを見て頂いてありがとうございます。

今回は「腰痛シリーズ その㊼」をお話していきます。

 

股関節が硬くなると、股関節の筋力も発揮しづらく、腰に負担がかかり、

腰痛を引き起こしてしまうと、以前お話しました。

今回は、股関節を固くしてしまっている筋肉についてお話します。

 

大腿筋膜張筋という股関節についている筋肉です。

上前腸骨棘という骨盤の前面の骨から、脛骨の外側についている長い筋肉です。

その筋肉が縮んでしまうとどうなるか?

股関節が前面に回転し、内にはいり、股関節が固くなる。膝関節も自然と曲がりやすくなる。

そうなると、姿勢が崩れ、腰にストレスがかかりすぎるようになります。

簡単にいうと、股関節が動かず、腰椎が動きすぎてしまいます。

その結果、腰痛を引き起こしてしまうという事です。

 

そうならないように、大腿筋膜張筋を柔らかくする必要があります。

それが、変形性膝関節症の予防にも繋がってきます。

私が代表している日本徒手医学リハビリテーション協会でも、

大事な筋肉であり、しっかりアプローチする事を指導しています。

 

普通に大腿骨の前~横にかけてマッサージし、つけねの所のコリコリしたところが上前腸骨棘です。

ウエストのところの少し下に骨にあたると思いますが、それが腸骨という腸骨稜というものです。

そこから前方に向かうと上前腸骨棘があります。

 

難しですね。とりあえず、色んな筋肉、骨盤周囲筋群などが

固くなると、腰痛を招くようになりますので、注意してください。

 

自分がどうなっているのだろう?と疑問に思った方は、

専門家に受診してください。当院に来て頂きて結構です。

症状が早い方が戻り・治りが早いと言えます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

腰痛(ぎっくり腰・産後の腰痛・慢性腰痛)

肩こり・頭痛・ストレートネック、膝痛(変形性膝関節症・オスグット)など

お困りの方は、是非、[肩こり・腰痛専門]姫路整体院 にこにこ

に問い合わせください。


月別アーカイブ

カテゴリ一覧

*営業時間は10時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒670-0012
兵庫県姫路市本町68-290 イーグレ姫路112区画

駐車場

イーグレ姫路の建物内に駐車場は完備されておりますが、少々割高なため、近くのコインパーキングをご利用ください。

詳しくはこちら

休診日

不定休