- Blog記事一覧 -骨の構造について①

骨の構造について①

2017.11.04 | Category: 姿勢,新人セラピスト 実習生,日本徒手医学リハビリテーション協会

おはようございます。
院長の堀です。

本日は、骨についてお話したいと思います。
これは、私自身、
代表務める日本徒手医学リハビリテーション協会の
HPのブログより引用しています。
少しでも参考にさればと思います。

骨は骨膜・骨質・骨髄・軟骨質から構成されています。

骨には神経・血管・リンパ管もあります。
四肢の長管骨では、骨の両端を骨端部、中央部を骨幹部、
骨端から骨幹の移行部を骨幹端部と区別されます。
骨端の関節を形成する部分は関節軟骨で覆われています。

骨幹端および骨幹の表面には骨膜があります。
骨幹端部は豊富な海綿骨組織と血行を有してため、
成長期には骨端と骨幹端との間に成長軟骨板が存在する。
それが骨の成長を営むが、成長が止まると骨化する。

①緻密骨

極めて硬く、多数の同心円状の層板構造になっています。
その中心をハバース管が骨の長軸方向に縦走し、
これらを連絡するフォルクマン管が横走しています。
ハバース管を中心とする層板構造を
皮質骨の構造の単位として骨単位といいます。

②海綿骨

海綿骨は不規則な網目構造の骨梁を形成しています。
層板構造やハバース管はあるが、
皮質に比べその量が少ないです。
体重支持に対して力学的な不利な構造です。

骨は絶えず新陳代謝を行っています。
外界からの刺激に鋭敏に反応し、
骨全体の形態や骨梁形成に変化が
生じる現象をヴォルフの法則といいます。

慢性腰痛、ぎっくり腰、
腰部脊柱管狭窄症、頚椎症、
肩こり、膝痛・股関節痛など
姫路で、お悩みの方は
是非「姫路整体院 にこにこ」へ
お越しください。


月別アーカイブ

カテゴリ一覧

*営業時間は10時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒670-0012
兵庫県姫路市本町68-290 イーグレ姫路112区画

駐車場

イーグレ姫路の建物内に駐車場は完備されておりますが、少々割高なため、近くのコインパーキングをご利用ください。

詳しくはこちら

休診日

不定休