- Blog記事一覧 -知っておくべきADL動作に必要なROM②

知っておくべきADL動作に必要なROM②

2017.11.13 | Category: 新人セラピスト 実習生,日本徒手医学リハビリテーション協会

おはようございます。
院長の堀です。

前回と引き続き、
知っておくべきADL動作に
必要なROMの続きです。

文献が違うので、
かぶってしまっている動作など
ありますが…、

知っておくべきADL動作に必要なROM②

各項目での標準的なROM

○階段昇降動作
膝関節屈曲83°

○しゃがみ込み動作
股関節屈曲77°、股関節内転5°
股関節外旋3°、膝関節屈曲117°

○床からの立ち上がり動作
股関節屈曲93°、股関節外転5°
股関節外旋3°

○下肢へのリーチ動作
股関節屈曲101°、股関節外転8°
股関節外旋4°、膝関節屈曲106°

(酒井孝文 他:変形性関節症患者の動作分析:PTジャーナル 37(12):2003)

正常歩行のためには
(膝関節)0~65°の可動域が要求され、
下腿と同じ高さの椅子からの立ち上がりには100°、
21cm高の階段昇降には115°、
胡座には130°、
正座や和式トイレ動作には150°が
それぞれ必要である。
(八木茂典:膝関節疾患の異常歩行に対するエクササイズの工夫:理学療法 19(4):2002)

○日常生活活動と必要な膝屈曲角度について

自動可動域
平行歩行:70°、階段昇降:95°
椅子からの立ち上がり:105°
自転車漕ぎ:110°

他動可動域
躑踞の姿勢:130~145°
正座:150~165°
※躑踞姿勢とは、しゃがむ、
うずくまるような姿勢の事で
庭の草むしりをする時などに
要求される姿勢です。
(鳥巣岳彦 他 編:標準整形外科学 第9版:2005)

最後まで読んで頂き
本当にありがとうございます。

ぎっくり腰・腰部脊柱管狭窄症・腰椎ヘルニア
ストレートネック・頭痛
坐骨神経痛・股関節痛 など
お困りの方は、是非、
[肩こり・腰痛専門]姫路整体院 にこにこ
に問い合わせください。


月別アーカイブ

カテゴリ一覧

*営業時間は10時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒670-0012
兵庫県姫路市本町68-290 イーグレ姫路112区画

駐車場

イーグレ姫路の建物内に駐車場は完備されておりますが、少々割高なため、近くのコインパーキングをご利用ください。

詳しくはこちら

休診日

不定休