- Blog記事一覧 -【姫路近郊の方必見】妊婦・産後の座骨神経痛とは?

【姫路近郊の方必見】妊婦・産後の座骨神経痛とは?

2018.04.11 | Category: ママの悩み,座骨神経痛,産後腰痛

おはようございます。
院長の堀です。

当院は、妊婦の施術は行っていません。
安定期になっておられる場合は、要相談です。

妊婦がなりやすい坐骨神経痛とは?

ご存知かもしれませんが、
「坐骨神経痛」は病名ではありません。

症状として現れる痛みです。

妊婦さんは大きなお腹を支えるために
腰に負担がかかっています。
そのため、腰痛が引き起こされるという事です。
腰痛がひどくなった結果、
坐骨神経痛が起こることがあるのです。

麻痺や痛みなどの症状
妊婦さんの坐骨神経痛の症状は、
おしりから太ももの裏側・ふくらはぎなどにかけて
足全体に感じる麻痺や痛みが特徴です。

症状が重度になると日常生活や仕事に支障をきたします。
妊娠中はどんどんお腹が大きくなっていくため、
同時に坐骨神経痛もひどくなっていきます。
大抵の方がお腹が大きくなればなるほど
症状は悪化していくことがほとんどです。
そのため、負担を減らすようにするしかありません。

トレーニングというのは、激しい事はできませんが、
歩く・立つ・座るなど日常生活の姿勢を意識して、
不良の姿勢を避けるよう努力が必要です。

症状がでてくる方は、
元々運動不足や経験が少ない方や、
姿勢が悪い方に多い傾向です。

坐骨神経痛がひどくなると、
痛みで湯船につかれなくなったり
靴下がはけなくなったりと、
日常生活や仕事に支障をきたす場合もあるのです。

だからこそ、
不良姿勢などを避けるように
しっかり意識を高くもち、
生活してください。

妊娠中の坐骨神経痛の原因とは?

・坐骨神経への圧迫
おしりから足先にかけて坐骨神経が通っています。
お腹の中の赤ちゃんがどんどん大きくなることで、
坐骨神経を圧迫することが一番の原因です。

・骨盤や恥骨の開き
妊娠すると女性ホルモンのひとつである
「リラキシン」がたくさん分泌されます。
リラキシンは骨の関節をつないでいる「靭帯」を
ゆるめる働きがあり、
赤ちゃんが出てきやすいように骨盤が開きます。
同時に、左右の骨盤をつないでいる恥骨も開きます。

そのため、
靭帯がゆるんで骨格が不安定な状態となります。
骨や筋肉が神経にぶつかり、
坐骨神経痛があらわれるのです。

・骨と筋肉の位置のズレ
妊娠をしてお腹の赤ちゃんが
どんどん大きくなってくると、
赤ちゃんの重みや体重、
大きなお腹によって背骨が
反るような姿勢になり、
骨と筋肉の位置がズレることがあります。
骨と筋肉のズレのせいで
坐骨神経が圧迫され、
坐骨神経痛が起こるのです。

姫路で、腰痛、膝痛、股関節痛、
肩こり、頭痛などでお悩みの方は、
是非「姫路整体院 にこにこ」へ
お越しください。

ライン@の登録にて、
無料相談を行っています。
登録お願いします。
友だち追加


月別アーカイブ

カテゴリ一覧

*営業時間は10時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒670-0012
兵庫県姫路市本町68-290 イーグレ姫路112区画

駐車場

イーグレ姫路の建物内に駐車場は完備されておりますが、少々割高なため、近くのコインパーキングをご利用ください。

詳しくはこちら

休診日

不定休