- Blog記事一覧 -四十肩、五十肩リスクチェック!

四十肩、五十肩リスクチェック!

2018.06.15 | Category: 五十肩(肩関節周囲炎),肩関節周囲炎

おはようございます。
院長の堀です。

五十肩・四十肩シリーズです。
腰痛につぐ、一度は経験する症状ですね。

誰でもなるという事は、
皆さんそれだけ
姿勢が悪い、
運動不足ともいえるかもしれませんね。

しっかりケアしている方は、
この症状は起こらないと思います。

あなたは、
四十肩・五十肩の「予備軍」かもしれません!!

簡単な検査を紹介しますので、
今すぐ確認してくださいね。

四十肩・五十肩の簡単リスクチェック

四十肩・五十肩は、
その症状の現れ方から、
ある日突然発症するように、
皆さん思っています。

話が少し変わりますが・・・、
「転倒する時」と同じ話です。

病院勤務時代、
転倒し大腿骨頸部骨折などに
あわれた方のリハビリなども
行っていました。
その時、聞くんですが
「なぜこけたと思いますか?」と・・笑

なんて答えると思いますますか?

皆さん

  • 「運がわるかったのよ」
  • 「たまたま違う事を考えてた」
  • 「いつもと違う道を通った」
  • 「焦ってたのよ」

など言います。

これ、どういう事か分かります?

皆さん、
自分の『身体の衰え』や『自分自身』に
目を向けていないんです。
そこが、一番の問題なんですよね。
自分の身体の事を
少しでも理解していたら、
普段から何か意識していたら・・

『転倒⇒骨折』

はなかったかもしれませんね。

 

 

本題に戻りますね。

☆肩関節チェック

評価:
 立ったとき、手の位置はどうなっているか?真横になっている?体の前にあるか?注意として、自然に立ってもらう事です。

判定:
 手が体に対して、真横なら正常。前にいっているなら内肩と、考えられます。

肩関節の特徴

 通常、関節はクッションの役割をする柔らかい組織(関節包)によって包まれていますが、肩関節はひざなどの他の関節と異なり、関節包で包まれている部分はごく一部だけです。だから、もともと肩関節周囲はこすれる刺激に弱く、損傷しやすいと言えます。そのうえ、肩関節は、つなぎ目である接合部がズレやすい構造をしており、特徴的です。肩関節が前側にずれた『内肩』になっていると、関節周囲の組織がつねに摩擦を受けます。その刺激が長期間積み重なると、炎症を起こします。この炎症が四十肩や五十肩の痛みの原因となってしまいます。

なぜ内肩になるのか?

 一言でいうと、姿勢不良です。一番なりやすいのは、猫背の状態で長時間行うデスクワークでしょう。他にも、手を使う動作自体、肩関節を前側にもってきやすい動作と言えます。座って読書、スマホ操作、料理などなど。一日のほとんどを「内肩」の状態で過ごしている人は、改善する動きを一日の中で運動・体操を入れてresetする必要があります。

体操や運動が分からない時は、LINE@登録で無料相談をしていますので、是非利用してください。

姫路で、腰痛、膝痛、股関節痛、
肩こり、頭痛などでお悩みの方は、
是非「姫路整体院 にこにこ」へ
お越しください。

ライン@の登録にて、
無料相談を行っています。
登録お願いします。
友だち追加


月別アーカイブ

カテゴリ一覧

*営業時間は10時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒670-0012
兵庫県姫路市本町68-290 イーグレ姫路112区画

駐車場

イーグレ姫路の建物内に駐車場は完備されておりますが、少々割高なため、近くのコインパーキングをご利用ください。

詳しくはこちら

休診日

不定休