- Blog記事一覧 -筋膜の動きが悪くなるとどうなるの?

筋膜の動きが悪くなるとどうなるの?

2017.05.22 | Category: 腰痛

こんにちは
今回も「腰痛シリーズ その⑦」です。
当院でも筋膜リリースを行いますので、
筋膜についての理解がある程、治療効果などに影響してきますので、
前回に引き続き筋膜について話していきます。

筋膜の動きが悪くなるとどのような影響があるのか?
前回までは、全身タイツで硬くなった所から、
その影響で症状でてしまっている事が多い。
その原因が必ずしも患部ではないという事をお話していきますね。

 
では、実際どのように悪くなるかですが・・・、考えてみてください。
組織内に、毛細リンパ菅や抹消血管が走っており、
浅筋膜の動きが悪くなるとリンパ系の流れが悪くなり、
免疫系や代謝にも問題が出る事になってくるのです。
深筋膜は縦横斜めの3つの線維層からなっており、
各層を疎性結合組織でつないでいます。ヒアルロン酸が潤滑剤となり、
層の滑走に重要な役割を果たしています。
ヒアルロン酸は深筋膜だけでなく、筋内膜、
筋周膜にも分布している事が分かっているそうです。
そう考えると・・・・、
運動する前に、ウォーミングアップが重要なのかが分かってきますね。
関節内の滑液のヒアルロン酸の温度が上がれば動きが良くなり、
また同時に、筋膜にもヒアルロン酸が分布しているので、
身体を良く温めて筋膜の動きを確保する事ができるという事です。
だから、朝一また運動する前にはストレッチが重要って事が変わりますね。

コリ(トリガー)が発生する事で循環が悪くなったり、
それにより動きが悪くなることで、肩こりや首の痛み、
腰痛、膝痛などの要因になるのです。
そのコリをほぐすイメージが大事になってきます。
また自主トレ・セルフケアについては、徐々に話していきます。
期待してくださいね。
次回は、「筋膜と感覚との関係性」について話します。
難しいですけど、治療の根っこ、原因の根っこになってきますんで。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
定期的に書いていきますので、気楽によんでください。

肩こり・頭痛・ストレートネック
腰痛(変形性脊椎症・産後の腰痛・慢性腰痛)、肩関節周囲炎 など
お困りの方は、是非、[肩こり・腰痛専門]姫路整体院 にこにこ]に問い合わせください。


月別アーカイブ

カテゴリ一覧

*営業時間は10時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒670-0012
兵庫県姫路市本町68-290 イーグレ姫路112区画

駐車場

イーグレ姫路の建物内に駐車場は完備されておりますが、少々割高なため、近くのコインパーキングをご利用ください。

詳しくはこちら

休診日

不定休