- Blog記事一覧 - 坐骨神経痛の記事一覧

坐骨神経痛の記事一覧

【姫路近郊の妊婦さん必見】座骨神経痛・腰痛を予防する5つのポイントとは?

2018.04.14 | Category: ママの悩み,坐骨神経痛,産後腰痛

おはようございます。
院長の堀です。

坐骨神経痛・腰痛を予防する5つのポイントとは?

妊婦じゃなくても坐骨神経痛や腰痛は、辛いものです。
それに、お腹の大きい妊婦さんとなったら、
想像しただけで、大変です。
出産時にはいきまなくてはならないので、
痛みやしびれが妨げとなる場合も考えられます。
出産に万全の状態で臨むためにも、
腰痛や坐骨神経痛は、
是非予防しときたいですね。

①身体を冷やさない

身体の冷えはお腹の赤ちゃんにも大敵なので、
常日頃から十分に注意しましょう。
人の身体は、脂肪の多いところは
冷えやすくなります。
特に妊娠中は脂肪がつきやすく、
お腹周りは温めていても、
おしりや太ももは忘れがちです。
特におしりの筋肉は
こりやすい筋肉なので、
暖かい下着をはいたり、
座るときはクッションを
置いてじかに床に接触しないようにしたりと、
冷やさない工夫が必要です。

②寝る姿勢に気をつける

腰回りやおしりの筋肉が
坐骨神経を圧迫して、腰痛や坐骨神経痛が
生じる事があるので、
寝る姿勢を意識する必要があります。
抱き枕を利用しながら横向きに寝て、
腰痛や坐骨神経痛を引き起こさない
寝方を心がけましょう。

③歩きやすい靴を選ぶ

妊娠中は転倒防止のためにも
ヒールの高い靴を避けましょう!
それにより、腰痛や坐骨神経痛の
予防にも繋がってきます。
高いヒールの靴を履けば
姿勢が前のめりになってしまいます。
身体が姿勢を正そうと、
背骨や腰椎が反る形になるために、
腰に負担がかかってしまいます。
お腹の大きい妊婦さんは余計に
前のめりの姿勢がになるので、
腰への負担は相当なものになります。
妊娠中の腰痛・坐骨神経痛を予防するなら、
ヒールは3cm以内にとどめ、
歩きやすい靴を選ぶできです。

④日頃からストレッチや運動をする

妊娠中の腰痛や坐骨神経痛の予防には、
妊婦さん向けのストレッチや
運動をすることも大切です。
骨盤周りのストレッチを行うことは、
腰痛や坐骨神経痛の予防につながり、
筋肉の血行も良くなります。

⑤腹帯・腰ベルトを使う

腹帯や腰ベルトは、
本来ならば大きくなっていく
お腹を支えるために使うものです。
しかし、腰痛や坐骨神経痛の予防にも使えます。
赤ちゃんのスペースで
骨盤が開いて不安定な骨格になるので
しっかり固定してくれる役目をしてくれるので
積極的に使用してみてはどうでしょうか。
姫路で、腰痛、膝痛、股関節痛、
肩こり、頭痛などでお悩みの方は、
是非「姫路整体院 にこにこ」へ
お越しください。

ライン@の登録にて、
無料相談を行っています。
登録お願いします。
友だち追加

【妊婦さん・産後の腰痛の方必見】座骨神経が和らぐ寝方とは?

2018.04.13 | Category: ママの悩み,坐骨神経痛,産後腰痛

おはようございます。
院長の堀です。

妊婦じゃなくても
座骨神経痛の人、腰痛の方は
症状が強い場合は、
寝づらいですよね。

今回は、妊婦さんの
坐骨神経痛がやわらぐ寝方とは?
というテーマでお話します。

和らぐ寝方とは?

①横向きで体を曲げた体勢

妊婦さんの坐骨神経痛は、
腰回りの骨格とおしりの筋肉が
坐骨神経を圧迫することで
起こっていることが多いです。
そのため、寝方を工夫すれば
坐骨神経痛が和らぐことがあります。
痛みを感じるときは、
「横向きで体を曲げた姿勢」を
試してみてください。

②痛みのある方を上にして寝る

足やおしりにしびれが出ている場合は、
痛みのある方を上にして
寝るのが効果的です。
痛みのある方に、
体重をかけないようにするのが
ベストです。
しかし、両方にしびれが
起きている場合は、
しびれの軽い方を下にしてみましょう。
*注意:
右を下にした姿勢を長時間続けること、
大きくなった子宮に大静脈が圧迫され、
気分が悪くなったりフラフラしたり
することがあります。

③抱き枕を使用する

妊婦さんの坐骨神経痛には、
抱き枕を使用するのをおすすめします。
横向きで寝た状態で、
膝のあいだにに抱き枕を挟み、
腰やおしりにかかる体重を
分散させられると良いでしょう!
背中側に抱き枕を置いて
少しもたれかかるような状態でも、
負担を軽くすることができます。
姫路で、腰痛、膝痛、股関節痛、
肩こり、頭痛などでお悩みの方は、
是非「姫路整体院 にこにこ」へ
お越しください。

ライン@の登録にて、
無料相談を行っています。
登録お願いします。
友だち追加

【妊婦・産後の方必見】座骨神経の解消法を教えます!

2018.04.12 | Category: ママの悩み,坐骨神経痛,産後腰痛

おはようございます。
院長の堀です。

どうしても、
妊婦さんは、お腹が大きくなり、
腰に負担がかかり、
座骨神経痛を発症する方がいらっしゃいます。
産後の方は、当院にも来られていますが、
妊婦の方は、控えて避けて頂いてます。
安定期で初期の方であれば施術が可能ですが、
要相談としています。

坐骨神経痛の解消法

①身体を温める:

妊婦の坐骨神経痛を
解消する方法のひとつは、
身体を温めることです。
腰から足にかけて温めると、
筋肉が緩み神経を圧迫が減圧され、
坐骨神経痛がや和らぐことがあります。
ゆっくりと湯船に浸かったり
足湯をしたりしと、
日頃から身体を温めるように
心がけてみましょう。
何より、リラックス効果が大切です。

②腰痛用のベルト:

坐骨神経痛をやわらげるために、
妊婦さんの腰の負担を少なくする目的で
作られた腰痛用のベルトを
使うのも効果的です。
坐骨神経痛の予防はもちろん
骨盤のゆがみの矯正にもなります。

血行が良くなり、
便秘や肩こりにも効果的でしょう。

③ストレッチや体操

妊娠中の坐骨神経痛は、
腰回りの筋肉がこり固まると
悪化してしまいます。

悪化しないよう、
妊婦向けのお腹に負担がかからない
軽いストレッチや体操を
することをおすすめします。

痛みが強い時は、
ストレッチや体操は避け、
少し痛みが和らいで動けるようになってから、
気持ち良く感じられる程度で行ってみましょう。

④ツボの刺激

妊婦さんの坐骨神経痛には、
ツボを刺激してみるのも良いかもしれません。
両方の親指で、
●委中(いちゅう):膝の裏のツボ
●殷門(いんもん):ふくらはぎのツボ
●承扶(しょうふ):おしりと足のつけ根の裏にあるツボ

*左右同時に30秒ほど押して刺激するのも良いでしょう。

姫路で、腰痛、膝痛、股関節痛、
肩こり、頭痛などでお悩みの方は、
是非「姫路整体院 にこにこ」へ
お越しください。

ライン@の登録にて、
無料相談を行っています。
登録お願いします。
友だち追加

出産後などママさんの腰痛などの悩みについて

2017.08.23 | Category: ママの悩み,坐骨神経痛,産後腰痛,腰痛

おはようございます

姫路整体院 にこにこの院長の堀です。

今日もブログを見て頂いてありがとうございます。

今回は「腰痛シリーズ その65」をお話していきます。

 

本日は、育児中のママさんで腰痛をお持ちのあなたへ向けて

書いていこうと思います。

 

以前、お話しましたけど、

20代前半の子で2人を授かった妊婦さんが来院し、

重度の坐骨神経痛、現在5週の妊婦で

今後お腹が大きくなると余計に

症状が強くなる事が予測でき、

はなくなんとかしてほしい来院された女性です。

その方は、お尻の筋肉が原因でした。

そうすると、仙腸関節の痛みが軽減し、

車で乗り降りと運転が辛かったと聞きましたが、

メールの確認では大丈夫の事でした。

 

何が言いたいかと言うと、

出産後、妊婦さん、育児活動など

腰痛を引き起こす要因がたくさんあるという事です。

 

だから、1つ注意してください!!

・片方だけで抱っこしない

骨盤のずれや、腕の疲労や活動により、腰痛など引き起こされます。

 

それだけ意識し、なるべく良い姿勢で、

均等になる活動を心掛ける事が大切です。

 

育児が大変、家事も大変、仕事も大変と

本当に大変で身体的、精神的にも・・・・、

自分の時間がとれないくらい。

 

やっと時間と作り、通ってもなかなか治らない(´;ω;`)ウゥゥ

辛いですよね。

 

だからこそ、

ちゃんと注意して生活してください。

悪くなってならでは遅いです。

 

私が見た方で多いのが、体幹筋群が弱い

中・高校生時クラブ活動をしておらず、

腹筋群の使い方ができない方が、

週産後の腰痛や坐骨神経痛になる人が多いです。

 

もし、気になるのなら、近くの病院に相談すべきです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

腰痛(ぎっくり腰・産後の腰痛・慢性腰痛)

肩こり・頭痛・ストレートネック、膝痛(変形性膝関節症・オスグット)など

お困りの方は、是非、[肩こり・腰痛専門]姫路整体院 にこにこ

に問い合わせください。

坐骨神経痛って?説明できますか?

2017.08.21 | Category: 坐骨神経痛,腰痛

おはようございます

姫路整体院 にこにこの院長の堀です。

今日もブログを見て頂いてありがとうございます。

今回は「腰痛シリーズ その63」をお話していきます。

 

今日は、一度は聞いた事のある言葉

坐骨神経痛

について、お話していきます。

 

説明できますか?

聞いた事あるが、説明できないって事ありますよね。

 

腰や足の裏側が痛い事?

足が痺れる事?

どうでしょうか?

 

答えというか

ウイ〇ペ〇ィアによると、

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう、Sciatica、Sciatic Neuralgia)とは、人の体においてさまざまな原因により、坐骨神経が刺激される事に起因する神経痛。あくまでも症状であり、病名ではない。

とあります。

 

重要なのは最後の部分であり、

あくまでも症状であり、病名ではない。

という事です。あくまでも症状です。

 

腰椎椎間板ヘルニア、脊柱菅狭窄症、腰椎すべり症

のように、病名がつくわけではないです。

 

何が言いたいか?

原因不明という事です。

MRIやレントゲンを撮っても得に問題はない。

でも、本人はすごく痛く、苦しんでます。

 

坐骨神経痛は、症状名であって

診断名ではないです。

腰に問題がなくても痛みや痺れなどがでてくる事がありますし、

腰に問題があれば、ヘルニアなどの診断がつきますが、

問題ないが、症状として訴えがある・・・・・

と、いう時に医者からつけられる事が多いです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

腰痛(ぎっくり腰・産後の腰痛・慢性腰痛)

肩こり・頭痛・ストレートネック、膝痛(変形性膝関節症・オスグット)など

お困りの方は、是非、[肩こり・腰痛専門]姫路整体院 にこにこ

に問い合わせください。

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

*営業時間は10時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒670-0012
兵庫県姫路市本町68-290 イーグレ姫路112区画

駐車場

イーグレ姫路の建物内に駐車場は完備されておりますが、少々割高なため、近くのコインパーキングをご利用ください。

詳しくはこちら

休診日

不定休