- Blog記事一覧 - 日本徒手医学リハビリテーション協会の記事一覧

日本徒手医学リハビリテーション協会の記事一覧

べシックコース 足関節編 活動報告

2017.12.30 | Category: 日本徒手医学リハビリテーション協会

おはようございます。
院長の堀です。

あと2日で、
今年も終わりです。

やり残した事はありませんか?

私自身、沢山あります。

今年は、
振り返って、
大変な一年でした。

治療院事業
セミナー事業
理学療法士としての仕事

この3つを
同時でこなしていきました。

治療院事業と
セミナー事業においては、
一からの事だったので、
もう走り続け、
旅行などの私生活の休みがほとんどない状態でした!!

とても充実した一年で、長かったと感じています。

皆さんも、
今年一年を振り返って見てはどうでしょうか?

今回は、活動報告として、
今年最後の
ベーシックコースの足関節が
12/10(日)に無事終了することができた事を
報告します。
参加していただきました先生方ありがとうございました。


足関節は、小さい関節で触診が難しい関節の一つかもしれませんが、
バランスや動作に必ず関係してくる関節であるため
しっかり動きを出しておくことは大切な事です。

また、ギブス固定で
可動性が乏しくなっている関節を
動かすという意味でも重要なことです。

今回習得した技術は、
明日からの臨床に
活かしてください。
どんどん練習をしてください。

姫路で
腰痛でお悩みの方、
頸部痛でお悩みの方、
股関節痛・膝痛でお悩みの方、

姫路市内の病院勤務している
先生も熱心にセミナーに受講されています。

とくに作業療法士の先生の
イメージがガラッと変わりました!!

技術なし
熱意なし
というイメージです。
リハビリ中も意味のない
誰もできる事をダラダラと・・
そんなイメージでしたが笑

私のところにくる患者さんは、
病院でもダメだった患者さんや、
リハビリがダメだった患者さんが来ます。

そんな、患者さんを少しでもなくすため
セミナー事業をおこなっています。

賛同できるセラピストの方、
是非お問い合わせを!!
院内で不倫している場合ではない!!

拘縮の組織的変化とは?

2017.12.26 | Category: 拘縮,新人セラピスト 実習生,日本徒手医学リハビリテーション協会

おはようございます。
院長の堀です。

前回まで
拘縮とは?
拘縮の分類などを
説明してきました。

今回は、
拘縮の組織学的変化
について説明します。

組織学変化とは、まーどのように変化していくかという事です。
難しい話ですが、腰痛や膝痛、肩関節周囲炎の方、
知っておいて損はないです。
なぜなら、担当の先生に
ちょいっと
この単語を話す事で、
セラピストが熱心になるからです笑

まー、
このブログを読んで理解は難しいと思いますので、
担当の先生に聞く事で、
熱心さが伝わったり、
担当の先生も、
ちゃんと説明してくれるか?で、
レベルが分かります。
最悪知らないという事はないと思いますが…、
それに近いものはある先生も中にはいますよ。
だからこそ、
『あなた』自身が
分かっておかなければなりません。
だって、
あなたの体ですから!!

不動(動かさない事)によって
局所の循環障害が生じ、
軟部組織の組織浸潤が起こり、
結合組織が増殖し関節腔の癒着に進展する。

長期の不動による
関節の組織学的変化については、
これまで多くの研究者によって報告されているが、
報告間に矛盾があり統一された見解がない。

まとめると
まず、関節の不動により局所循環が障害され、滑膜と滑膜下層の血管にうっ血が生じ、そのため血管周囲の軟部組織に浮腫が起こる。この浮腫が血管内圧を上昇させ、軟部組織の細胞浸潤を招き、細胞性増殖を引き起こす。また浮腫による線維素析出が発生し、結合組織の増殖を生じた結果、関節包・靭帯の柔軟性の低下や関節包の狭小化を招く。そして、関節軟骨の全体にわたる関節壊死などと重なって、徐々に関節腔内の線維性癒着に至るとされている。しかし、不動が及ぼす関節の組織学的変化については、十分に解明されておらず、今後の研究報告が待たれる。

だからこそ、
マッサージや関節を動かす事が
大切になるという訳です。

拘縮の分類②

2017.12.25 | Category: 拘縮,新人セラピスト 実習生,日本徒手医学リハビリテーション協会

おはようございます。
院長の堀です。

前回の続きで、
拘縮の分類②として
今回もお話していきます。
分類といっても
いろんな分類の仕方があります。
それを理解・知っている事で
リハビリ・施術を行う上で
大切な事です。
学生さん、新人のセラピストの方は
知っておいて損はないです。
私自身が代表を務める
JMR協会のセミナーにも
遊びにきてください。

前々回で
説明した通り、
拘縮とは、
関節が硬くなった状態を指します。

施術・リハビリを
行う上で、
拘縮の原因を知るという事は
大切な事です。

今回は、
病変の存在する組織による分類です。

Hoffaの分類

拘縮を皮膚性、結合組織性、筋性、神経性、関節性に分類している。

・皮膚性:
皮膚の熱傷、創傷、炎症などによる瘢痕拘縮のことである。

・結合組織性:
皮下軟部組織、靭帯や腱などの結合組織の病変に起因するものである。

・筋性:
急性や慢性の筋炎などの筋自体の病変によるものや、長期固定などの筋の退行変化によるもの、Volkmann拘縮などの筋の血行障害によるものがある。

・神経性:
末梢神経や中枢神経系の疾患によるもので、疼痛を回避するために起こる反射性拘縮、中枢神経系麻痺が原因で筋緊張不均衡のため起こる痙性麻痺、末梢神経麻痺により起こる弛緩性麻痺に分けられる。

・関節性:
滑膜、関節包、靭帯などが炎症や損傷によって萎縮や癒着を起こしたもので強直との区別が困難である。

痛みで困っている方は、
担当の先生に
聞いてあげてください。
適当な先生が多いです。
本当の話で、単に動かしているセラピストが多く、
『歳やからね』「動かしてないからね」と
言うと、納得するからです。
本当に技術のないセラピストが増えています。

そうならないように、
協会を立ち上げて、
通ってくれている先生も中には
いらっしゃいますので‥。

そういった良い病院?悪い病院?
そういうと角がたつので、
熱心なセラピストがいる病院を言いますよ笑

拘縮の分類①

2017.12.24 | Category: 拘縮,新人セラピスト 実習生,日本徒手医学リハビリテーション協会

おはようございます。
院長の堀です。

前回、お話した通り
拘縮とは、
関節が硬くなって状態を指します。

今回は、拘縮の分類について
説明しようと思います。

学生の方や新人のセラピストの方は
是非、理解しておいてくださいね。
患者様の場合は、
自分の病気を深めるために、
理解しておいた方が
いいかもしれません。

①発生時期による分類

時期によって先天性拘縮と後天性拘縮に分かれる。
・先天性拘縮:
先天性内反尖足や先天性多発性関節拘縮症のように骨、関節、軟部組織の先天性疾患に伴って生じるものである。

・後天性拘縮:
後天的な原因で生じるものであるが、拘縮の原因や病変の存在する組織によって、これをさらに分類できる。

②原因による分類

Halarの分類が代表である。
拘縮の原因を関節性、軟部組織性、筋性に分けている。

・関節性:
関節を構成する関節包、滑膜、靭帯などが炎症や外傷によって、初期にコラーゲンの線維の短縮が起こり、結合組織の増殖が続くものである。

・軟部組織:
皮下軟部組織、腱などに起こった炎症、変性、虚血変化がコラーゲン線維の結合を増長するもので瘢痕拘縮もこれに属する。

・筋性:
筋の短縮や萎縮によって起こる拘縮で、長期固定による不動などの筋の内因性原因と神経麻痺による外因的原因に分かれる。

拘縮って何?強直って何?

2017.12.23 | Category: 拘縮,新人セラピスト 実習生,日本徒手医学リハビリテーション協会

おはようございます
院長の堀です。

めちゃめちゃ寒くなりましたね。
私自身、
朝起きるのが
本当に嫌になっているのですが…、
皆さんどうでしょうか?

寒くなると体が動かしづらいですよね。
動かさなくなると
硬くなってしまうというのは
お分かりですよね。

関節が
硬くなる事で
専門用語で、
拘縮や強直という言葉が出てきます。

分かりづらいですが、
気になる方は、
是非 ご覧ください。

拘縮とは?
拘縮とは自分で動かした範囲が狭くなり動きづらくなっている状態です。
(自他動で可動域制限を起こしている状態)

一般的に、
皮膚・筋・神経などの
関節を構成するもの以外の
軟部組織の変化によって
起こると定義されています。

近年では、
関節構成体である関節包や
靭帯をふくめた軟部組織の
異常による他動的な
運動制限全般と
定義づけているものもあります。

つまり、
筋収縮が発生していない状況下で
関節周囲軟部組織の
特性である柔軟性・伸張性が低下し、
これが原因となって
関節可動域制限が認められると
拘縮が発生したと結論づけることができる。

強直は?
強直は、
関節体・関節軟骨・関節包・靭帯などの
関節構成体そのものの病変によって
起こるものと定義されている。

近年では関節相対面の癒着によって、
他動的に関節が制限された状態のみをいう。

臨床的には
強直は拘縮が進行した結果、
生じたものが多いです。
強直は関節内外の組織が
非可逆的変化に至っていると
推論できるため、
リハビリでは改善は
難しく観血的治療の適応を考える必要がある。

セラピストは、
硬くなったものが、
何なのか?それは改善する可能性があるのか?
など、考え施術・リハビリを行っています。

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

*営業時間は10時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒670-0012
兵庫県姫路市本町68-290 イーグレ姫路112区画

駐車場

イーグレ姫路の建物内に駐車場は完備されておりますが、少々割高なため、近くのコインパーキングをご利用ください。

詳しくはこちら

休診日

不定休