- Blog記事一覧 - 歩行の記事一覧

歩行の記事一覧

【姫路で膝痛でお悩みの方必見】勘違いしがちな重要な事とは?

2018.03.23 | Category: 歩行,膝痛

おはようございます。
院長の堀です。

膝痛でお困りの方で
良く口にしている言葉があります。
毎回、患者さんに理解してもらうために、
何度も同じ事を言い続けています。

それは何か?

①今膝痛いから、痛みが治まったらまた運動するわ
②頑張って歩いてるんやけどね

上述した、2つの発言が多いです。
これこそが、そもそもの間違えです。

どうしても患者さんは、
運動=歩き
のイメージが強いです。

膝痛改善=歩き
ではないです。

膝痛改善=適切な運動
なのです!!

なぜ『歩く』が悪いのか?
そもそも、膝を守る筋肉などの組織が破綻しており、
守れないため、危険信号として『痛み』が出現したのです!
なのに、その上、また歩く事で膝に負担をかけ、
悪化させてしまう恐れがあるため、ダメなのです!

では、何をしたら良いか?
色々とあります。
・体重を落とす
・運動の種類を、膝に負担掛けないような運動に帰る
・姿勢を変える

まず、この3つを変えるべきです。

次回は、
どんな運動をすればよいか?
について、お話していこうと思います。

姫路で、腰痛・膝痛・股関節痛、
肩こり・ストレートネックなどで
お困りの方は、是非
「姫路整体院 にこにこ」へお越しください。

しっかしと、説明させていただきます!

歩行で体力の貯金をする7つのポイントとは?

2018.01.26 | Category: 歩行

おはようございます。
院長の堀です。

この前から
歩行について
お話していっています。

歩行は言うまでもなく大切ですよね。
移動手段として、必要です。
普段の活動で使用するので、
しっかりと歩く事で、
筋力やバランスのトレーニングとして
考えられる事もできます。
しかし、逆に、悪い歩き方をすると
老化を進む事になります!!

しっかり、意識して
正しく歩く事にしてください!!

歩行で7つの貯金
 ①前を向いて歩く
 ②腕を振る
 ③お腹を凹まして歩く
 ④いつもより、少し歩幅を大きくする
 ⑤スピードを意識した歩き方を行う
 ⑥踵から接地するように意識する
 ⑦蹴り出し時、つま先を意識する

*健康寿命を延ばす事が大切です。
 普段から体力の貯金を行いましょう!
 歩行でも貯金を行う事ができますので、
 上述する7つのポイントを意識して
 歩いてください。
*言い換えれば、
 歩行だけでなく、
 立位や端坐位などでも
 動作一つ一つ意識することで
 体力の貯蓄になります。

注意として、バランスが悪い場合、
転倒リスクがありますので、
不安定の方などは、
一人で行わないようにしてください。
不安な方は、
専門家の意見を聞いてください。

姫路市内で腰痛や膝痛、
股関節痛など、
痛みで困っている方、
是非、当院にお越しください。

LINE登録で、無料相談を実施しています。
 https://line.me/R/ti/p/%40kry0363g

どんな歩き方をすれば良いの?

2018.01.25 | Category: セルフエクササイズ,歩行

おはようございます。
院長の堀です。

本日も歩き方について
お話していきます。

あなたの歩き方は?
・小股
・上半身を左右に揺れている

どんな歩き方をすればよいか?
・横歩き
 ⇒できれば、手すりなどがあれば
  それを利用して歩くと良い。
  上半身はできるだけ、真っすぐにし、
  足を横へ広げる。
  できるだけ、安全に行ってください。
  手すりがないのなら、壁を利用してください。

 横歩きの効果
  ⇒お尻の横を鍛えます。
   体が左右に揺れるのが少なくなり、
   骨盤が安定する。

・後ろ歩き
 ⇒パートナーがいるときに行う事。
  決して一人で行わないでください。
  上半身を真っすぐに、下を見ないで行う。
  足部の裏を意識してください。
  前足部から後足部と歩く。
  言い換えると、つま先から踵へ。

 後ろ歩きの効果
 ⇒股関節周囲の筋トレ・バランス向上。
  膝の使い方や足部の使いかが上手くなります。
  小股からステップが大きくなる。
  
感覚や下半身の動きを良くする方法で、
座ったまま、または立位で、
ボールを足の裏につけて、転がす。
踵からつま先を丁寧に、5分行う。
スピードは気にしないで行って下さい。

姫路市内で腰痛や膝痛、
股関節痛など、
痛みで困っている方、
是非、当院にお越しください。

LINE登録で、無料相談を実施しています。
 https://line.me/R/ti/p/%40kry0363g

歩き方、それでいいですか?

2018.01.24 | Category: 歩行

治療院のデスクより…
おはようございます。
院長の堀です。

皆さん、本日は
歩き方についてお話したいと思います。

歩き方って意識していますか?

現在、
85歳の男性、
要支援2の方の訪問リハビリを
実施しています。
奥さんの介助をしており、
ゴミほりに行く時に、
フラフラすると
「しっかり歩きたい」
「できるだけ長く、奥さんの介助をしたい」
という希望であり、両膝に痛みがあり、
若い時から両膝とも
90度しか曲がらないという状態です。

その方の発言です。
皆さんにも通じる事なので
シェアします。

発言:色んな歩き方があるんですね。
   しんどいです。
   歩きづらいです。

何が言いたいのか?
⇒歳をとるにつれ決まった動きしかしない。
歩幅も狭くなり、腕の振りが少なくなり、
体の回旋も少なくなります。
そのため、上半身は左右の揺れが大きくなり
その反動で歩くような感じになります。
股関節も不安定であり、小股になり
転倒リスクが高くなっている状態です。

何をすべきなのか?
⇒考えを見直す事です。
皆さんに共通する事です。

①今の現状を知る
筋力や歩き方、生活の習慣やパターンなど

②自分の歩き方が、どのようになればよいのか?
なされるままでは、老化が進むだけです。
あなたはそうやって老化してきました。
その現実を知るべきです!!

③普段の生活+運動という考えにする。
普段の生活で、「結構動いてます」や
「歩いてます」と発言する人ばかりです。
気づいてください!!
それでは、足りないという事を。
皆さんも同じように動いており、
同じように老化していいます。

どうでしょうか?
何をすべきなのか?
理解できましたか?
必ず専門化に相談する事を勧めます。
あくまでも、無理はしないようにしてください。

姫路市内で腰痛や膝痛、
股関節痛など、
痛みで困っている方、
是非、当院にお越しください。

LINE登録で、無料相談を実施しています。
https://line.me/R/ti/p/%40kry0363g

圧迫骨折による歩行への影響は?

2017.07.22 | Category: 歩行,腰椎圧迫骨折,腰痛,高齢者

こんにちは

姫路整体院 にこにこの院長の堀です。

今日もブログを見て頂いてありがとうございます。

ほんとうに暑いですね。しっかり水分とってくださいね。

足が良く攣る人は、バナナとか食べると良いですよ。

 

今回は「腰痛シリーズ その㊵」をお話していきます。

昨日は、歩き方自体のお話を少ししました。

今日は、具体的なお話をしていきます。

 

歩行への影響は?

円背では、脊柱の重心は前方へ移動するが、凹円背ではある程度もとに戻ります。

全後弯となると重心は前方へ大きく移動します。

円背では股関節を過伸展し膝は軽度屈曲位の歩行となるが、凹円背では代償されます。

全後弯となると股関節は強度過伸展し膝は強度屈曲位となるか、

あるいは杖や押し車での前屈歩行となります。

腰椎前弯という代償がない円背では仙骨が後彎し、起居動作・歩行能力は低下します。

また、円背があると、腰椎背筋群のコンパートメント内圧が上昇し筋阻害状態となり、

筋・筋膜性腰痛と間欠跛行が生じてきます。

 

難しいですね。

簡単にいうと、腰が曲がった高齢者の方をイメージしてください。

腰が90度近くまで曲がってしまうと、前に杖や押し車などなければ、姿勢を保つのが大変ですよね。

背中の筋肉などがパンパンに張るというか、負担が増し、腰痛などが出現してきたり、

歩行がしづらくなったりしますね。

 

曲がりだしたら、徐々にきますので。

早急な対策が必要です。

気をつけて下さいね。普段の姿勢が大切になってきます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

腰痛(ぎっくり腰・産後の腰痛・慢性腰痛)

肩こり・頭痛・ストレートネック、膝痛(変形性膝関節症・オスグット)など

お困りの方は、是非、[肩こり・腰痛専門]姫路整体院 にこにこ

に問い合わせください。

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

*営業時間は10時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒670-0012
兵庫県姫路市本町68-290 イーグレ姫路112区画

駐車場

イーグレ姫路の建物内に駐車場は完備されておりますが、少々割高なため、近くのコインパーキングをご利用ください。

詳しくはこちら

休診日

不定休