- Blog記事一覧 - 産後腰痛の記事一覧

産後腰痛の記事一覧

出産後などママさんの腰痛などの悩みについて

2017.08.23 | Category: ママの悩み,坐骨神経痛,産後腰痛,腰痛

おはようございます

姫路整体院 にこにこの院長の堀です。

今日もブログを見て頂いてありがとうございます。

今回は「腰痛シリーズ その65」をお話していきます。

 

本日は、育児中のママさんで腰痛をお持ちのあなたへ向けて

書いていこうと思います。

 

以前、お話しましたけど、

20代前半の子で2人を授かった妊婦さんが来院し、

重度の坐骨神経痛、現在5週の妊婦で

今後お腹が大きくなると余計に

症状が強くなる事が予測でき、

はなくなんとかしてほしい来院された女性です。

その方は、お尻の筋肉が原因でした。

そうすると、仙腸関節の痛みが軽減し、

車で乗り降りと運転が辛かったと聞きましたが、

メールの確認では大丈夫の事でした。

 

何が言いたいかと言うと、

出産後、妊婦さん、育児活動など

腰痛を引き起こす要因がたくさんあるという事です。

 

だから、1つ注意してください!!

・片方だけで抱っこしない

骨盤のずれや、腕の疲労や活動により、腰痛など引き起こされます。

 

それだけ意識し、なるべく良い姿勢で、

均等になる活動を心掛ける事が大切です。

 

育児が大変、家事も大変、仕事も大変と

本当に大変で身体的、精神的にも・・・・、

自分の時間がとれないくらい。

 

やっと時間と作り、通ってもなかなか治らない(´;ω;`)ウゥゥ

辛いですよね。

 

だからこそ、

ちゃんと注意して生活してください。

悪くなってならでは遅いです。

 

私が見た方で多いのが、体幹筋群が弱い

中・高校生時クラブ活動をしておらず、

腹筋群の使い方ができない方が、

週産後の腰痛や坐骨神経痛になる人が多いです。

 

もし、気になるのなら、近くの病院に相談すべきです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

腰痛(ぎっくり腰・産後の腰痛・慢性腰痛)

肩こり・頭痛・ストレートネック、膝痛(変形性膝関節症・オスグット)など

お困りの方は、是非、[肩こり・腰痛専門]姫路整体院 にこにこ

に問い合わせください。

デスクワークと腰痛

2017.08.13 | Category: 産後腰痛,肩こり,腰痛

おはようございます。

姫路整体院 にこにこの院長の堀です。

今日もブログを見て頂いてありがとうございます。

今回は「腰痛シリーズ その58」をお話していきます。

 

皆さん、暑い中どのようにお過ごしでしょうか?

私は、盆休みを頂き、実家に帰郷しています。

皆さんも暑さに負けずに過ごして下さいね。

 

今回は、なぜデスクワークで腰痛が起こるか?

について、お話していきますね。

 

デスクワークの仕事って?

・長時間の座っている仕事が多い。

・パソコンを良く利用する。

・動く回数が少ない。

などのイメージですね。

どれも良くないです。

 

座っている姿勢を長時間をとるという事は、股関節が曲がっている状態になってますね。

それが、続くと股関節周囲筋群が固くなってしまいます。

 

また、パソコン仕事を良く利用していると、肩甲骨が外を向いた状態が続くと、

肩甲骨の動きも悪くなり、肩甲骨周囲筋群が固くなってしまいます。

 

股関節は、骨盤と連動しており、骨盤は肩甲骨と連動していると言われており、

そう考えると、固くなってしまう確率が非常に高いですね。

 

それに加え、

動く回数が少ないとなれば、全身固くなりやすく、

立った時など、腰に負担になりやすい状況になるという事です。

 

もし、デスクワークの方は、

頻繁に動かす事をお勧めします。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

腰痛(ぎっくり腰・産後の腰痛・慢性腰痛)

肩こり・頭痛・ストレートネック、膝痛(変形性膝関節症・オスグット)など

お困りの方は、是非、[肩こり・腰痛専門]姫路整体院 にこにこ

に問い合わせください。

改善方法は?

2017.05.23 | Category: 産後腰痛,腰痛

こんにちは
「産後の腰痛シリーズ」です。
今回で、このシリーズはとりあえず最後です。
また、一通り話してから追加していきますけど・・・。
今回は産後の腰痛を改善する方法について書いていきますね。

改善方法は?
 ①骨盤を固定するベルトを使用する
骨盤をベルトで固定する事で、もとの状態に戻りやすくなる。
それにより腰痛の改善につながります。
産後用の骨盤矯正ベルトも売られているので、活用した方がいいですよ。

 ②産褥体操を行う
産後1日目から行える体操があります。呼吸法から始まり、
腹筋運動、腰のツイストなど腰痛の予防・改善が期待できる体操です。
無理する事なく、自分の体調を考えながら行いましょう。

 ③血流を促進する工夫をする
体が冷えると血流が悪くなって、腰痛の悪化を招きます。
腹巻きやカイロを使用したり、湯船につかって腰や体全体を温めましょう。
妊娠中と同じですね。血流の改善には、
赤身の肉など動物性タンパク室をとるのも有効です。

産後の腰痛には、骨盤の状態が大きく関係している事から、
対策は早い程いいですよ。骨盤調整は、結構簡単にでき、
セルフケアもありますから。気軽に問い合わせくださいね。
一人で頑張りすぎないように。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
ぎっくり腰・腰部脊柱管狭窄症・産後の腰痛、坐骨神経痛
ストレートネック・頭痛、オスグット・股関節痛 など
お困りの方は、是非、[肩こり・腰痛専門]姫路整体院 にこにこ

に問い合わせください

産後の腰痛の原因は?

2017.05.23 | Category: 産後腰痛,腰痛

こんにちは
「産後の腰痛シリーズ その③」です。
我慢が良くないですから、必ず周りに相談してくださいね。
悪化してからでは、なかなか大変です。

赤ちゃんを抱けなくなったらどうします?
腰痛を軽くみているとはいわないですが、腰痛になってしまうと
あとあと影響してきます。だから、しっかり対処できるように、
知識をいれて下さい。

今回は、産後に腰が痛む原因について話していきます。

産後の腰痛の原因とは
①靭帯のゆるみ
妊娠中で靭帯が緩みやすいと、以前話しましたね。
主に緩むのは、骨盤の「恥骨結合」を固定する靭帯と、
「仙腸関節」を固定する靭帯です。
ここをゆるむ事で出産時に赤ちゃんが産道をスムーズに
通れるようにするのです。
リラキシンの分泌自体は出産後2~3日で止まりますが、
出産前と出産後に伸びた靭帯が元に戻るまでは、
およそ3か月かかると言われています。高齢出産や授乳姿勢などによっては、
6か月以上もとに戻らない事もあります。
妊娠中と同様、靭帯が緩み→関節が動きやすくなる→支えが不安定。
その不安定さえお腰の筋肉で支えようとするため、
腰痛が起こりやすくなるというわけです。
また、靭帯が緩む事で開いた骨盤により、
腰周辺の筋肉や靭帯が余計に引っ張られてしまうため、
腰痛になりやすいとなります。
子供が1人より2人、3人と増える事により、
腰痛になる確率は上がると考えられます。一人抱きながら作業など、
姿勢が偏る事が想像できますよね。それにより痛みが生じる事になります。

②骨盤の歪み
靭帯がゆるんで開いた骨盤は、歪みやすい状態といえますね。
そのため、妊娠中にすでに歪んでいたり、
骨盤が小さかったり赤ちゃんがおおきかったりする事で、
出産時に歪んでしまう事が多くあります。歪んだ骨盤は自ら戻れないため、
ゆがんでいるかぎり、周辺の筋肉に負担がかかり、
腰痛が起こりやすい状態です。

③腰への物理的な負担やストレスの影響
赤ちゃんを抱っこしたり授乳をするなどで、
これまであまり使わなった筋肉を長時間使うようになると、
負担がっかかって痛みが起こしやすくなるという事です。
さらに、慣れない赤ちゃんの世話で肉体的・精神的にストレスを抱えると、
自律神経や筋肉組織に影響が及ぶ事で悪化する事もあります。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ぎっくり腰・産後の腰痛・腰椎ヘルニア
肩こり・頭痛、坐骨神経痛、変形性膝関節症・変形性股関節症 など
お困りの方は、是非、[肩こり・腰痛専門]姫路整体院 にこにこ

 に問い合わせください

腰痛対策とは?

2017.05.23 | Category: 産後腰痛,腰痛

こんにちは
「産後の腰痛シリーズ その②」です。
で、前回お伝えしたように、妊娠すると様々な理由から
腰痛が起こりやすくなる事は分かりましたね。
では、起きてしまう事は仕方なくても、
対処によって痛みを緩和させる事ができるので、
その対策を行いましょう。

妊娠中の腰痛対策
①入浴で体を温める
シャワーで済ます人もいるかと思います。しかし、血流って大切ですよね。
体が冷えてしまうと、血流が悪化してしまいます。血流が悪くなると、
筋肉が硬くなって腰痛が起こりやすくなるので、出来るだけ湯船につかって
体温を温めるようにした方が良いみたいです。半身浴も効果的ですよ。

②適度な運動を心がける
筋肉が張ってしまうと腰痛に繋がります。そのため、
ストレッチやウォーキング、マタニティーヨガ・スイミングなど、
適度な運動を行う事で筋肉をほぐしてあげる事が大事です。
運動は、血流の悪化防止にも効果的ですし、肌にも良いですよ笑
ただし、お医者さんの指示に従って下さい。

行うのは妊娠中期以降であり、許可などもらってから行って下さいね。

③2,3センチのヒールのある靴を履く
かかとが平面の靴よりも、2~3㎝程ヒールのある靴を履くと、
重心が後ろにかかって安定します。ただし、ヒールは細いものでなく、
しっかりしたものを選びましょう。高すぎたり、
無理して履くのは辞めましょうね。

④重たいものはゆっくり持ち上げる
体の重心など、かわってきますよね。体型が。そのため、
妊娠する前と同じような要領で重たいものを急に持ち上げると、
腰にスジが通ったような痛みが起こる事があります。荷物を持つ時は、
片膝をつけたり、腰から上にゆっくり重心を動かすようにしましょうね。

⑤骨盤ベルトで固定
腰痛が辛くて歩くのも大変という場合は、
骨盤ベルトを活用した方がいいですね。腰、筋肉に負担が大きいです。
僕もなんですけどね笑
急に太った事ある方は分かると思います笑笑
一緒にすると怒られるかもしれませんが、腰が重くなったり、
歩き方が変わったりするのは、似てます。
正しく装着して骨盤を固定する事で、緩みや歪みを防ぐ事ができます。
また便秘の解消にも役に立つと言われています。

⑥緩めの腹巻を巻く
腰痛対策には腰周りを温める事が大事です。
緩めの腹巻を巻く事で腰周辺を温める事もできます。
締め付け過ぎない程度の腹巻を巻くのもいいと思いますよ。

妊娠中は神経質になると思います。で、肩こりや腰痛が出現しやすいので、
対策はおこなった方が良いと思います。
分からない事があれば気軽に問い合わせください。

一人で頑張らないで下さい。
必ず身近人には相談してくださいね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。
ぎっくり腰・産後の腰痛、肩こり・頭痛、股関節痛・膝痛 など
お困りの方は、是非、[肩こり・腰痛専門]姫路整体院 にこにこ

 に問い合わせください。

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

*営業時間は10時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒670-0012
兵庫県姫路市本町68-290 イーグレ姫路112区画

駐車場

イーグレ姫路の建物内に駐車場は完備されておりますが、少々割高なため、近くのコインパーキングをご利用ください。

詳しくはこちら

休診日

不定休