- Blog記事一覧 - 肩関節周囲炎の記事一覧

肩関節周囲炎の記事一覧

四十肩、五十肩リスクチェック!

2018.06.15 | Category: 五十肩(肩関節周囲炎),肩関節周囲炎

おはようございます。
院長の堀です。

五十肩・四十肩シリーズです。
腰痛につぐ、一度は経験する症状ですね。

誰でもなるという事は、
皆さんそれだけ
姿勢が悪い、
運動不足ともいえるかもしれませんね。

しっかりケアしている方は、
この症状は起こらないと思います。

あなたは、
四十肩・五十肩の「予備軍」かもしれません!!

簡単な検査を紹介しますので、
今すぐ確認してくださいね。

四十肩・五十肩の簡単リスクチェック

四十肩・五十肩は、
その症状の現れ方から、
ある日突然発症するように、
皆さん思っています。

話が少し変わりますが・・・、
「転倒する時」と同じ話です。

病院勤務時代、
転倒し大腿骨頸部骨折などに
あわれた方のリハビリなども
行っていました。
その時、聞くんですが
「なぜこけたと思いますか?」と・・笑

なんて答えると思いますますか?

皆さん

  • 「運がわるかったのよ」
  • 「たまたま違う事を考えてた」
  • 「いつもと違う道を通った」
  • 「焦ってたのよ」

など言います。

これ、どういう事か分かります?

皆さん、
自分の『身体の衰え』や『自分自身』に
目を向けていないんです。
そこが、一番の問題なんですよね。
自分の身体の事を
少しでも理解していたら、
普段から何か意識していたら・・

『転倒⇒骨折』

はなかったかもしれませんね。

 

 

本題に戻りますね。

☆肩関節チェック

評価:
 立ったとき、手の位置はどうなっているか?真横になっている?体の前にあるか?注意として、自然に立ってもらう事です。

判定:
 手が体に対して、真横なら正常。前にいっているなら内肩と、考えられます。

肩関節の特徴

 通常、関節はクッションの役割をする柔らかい組織(関節包)によって包まれていますが、肩関節はひざなどの他の関節と異なり、関節包で包まれている部分はごく一部だけです。だから、もともと肩関節周囲はこすれる刺激に弱く、損傷しやすいと言えます。そのうえ、肩関節は、つなぎ目である接合部がズレやすい構造をしており、特徴的です。肩関節が前側にずれた『内肩』になっていると、関節周囲の組織がつねに摩擦を受けます。その刺激が長期間積み重なると、炎症を起こします。この炎症が四十肩や五十肩の痛みの原因となってしまいます。

なぜ内肩になるのか?

 一言でいうと、姿勢不良です。一番なりやすいのは、猫背の状態で長時間行うデスクワークでしょう。他にも、手を使う動作自体、肩関節を前側にもってきやすい動作と言えます。座って読書、スマホ操作、料理などなど。一日のほとんどを「内肩」の状態で過ごしている人は、改善する動きを一日の中で運動・体操を入れてresetする必要があります。

体操や運動が分からない時は、LINE@登録で無料相談をしていますので、是非利用してください。

姫路で、腰痛、膝痛、股関節痛、
肩こり、頭痛などでお悩みの方は、
是非「姫路整体院 にこにこ」へ
お越しください。

ライン@の登録にて、
無料相談を行っています。
登録お願いします。
友だち追加

五十肩、四十肩にならないためには?

2018.06.14 | Category: 五十肩(肩関節周囲炎),肩関節周囲炎

おはようございます。
院長の堀です。

本日から『四十肩・五十肩』について、
お話していこうと思います。

激痛で腕が上がらなくなる四十肩・五十肩って、
年齢を重ねれば誰もが通る道と諦めていないでしょうか?
また、ほっといたら治る病気だと思っていませんか?

腰痛、肩こり、肩痛などは、
症状として病院にいく事が
多いとされています。
四十肩・五十肩は、
日頃の肩関節の使い方が偏り、
筋肉自体の柔軟性低下や質の低下、
位置がずれてしまった結果、
起こることが多いとされています。

筋肉が傷めてしまっている状態ですね。

そのため、
一回なるとしばらくは痛い時期が続くと言えます。

なってしまうと、
そもそものあなた自身の
体の状態が、いわゆる「老化」ですね。
筋の柔軟性低下や筋力の低下が生じていると言えます。

中には、外傷っという事もありますが・・・。
基本的には前者が多いですね。

激痛はあるけれど画像では見るのが難しい

腕を上げようとするだけで、
肩から腕に痛みが走ります。
髪をとかしたりドライヤーで
髪を乾かす動作ができない。

就寝中に寝返りを打とうとすると、
激痛がして眠れない―など、
肩が痛くて腕が上がらなくなるのが四十肩・五十肩ですね。

診断の流れ

肩の痛みや炎症を訴えて受診した時、
X線(レントゲン)撮影、
関節造影検査、MRI、
超音波検査などを行っても、
骨や関節などに理学的所見が
何も見当たらない場合に、
四十肩、五十肩という病名がつけられます。

何故異常がないのか?

「こんなに痛いのに、異常が起こっている場所がわからないのか?」
と不思議に思うかもしれませんが、
X線やMRIによる画像診断には限界があります。

ミクロのレベルでは
確実に炎症が起こっているはずですが、
四十肩や五十肩では
それを客観的な所見としては
見ることが難しいと言われています。

同じように肩の痛みが長く続く病気で、
所見が確認できるのが
「石灰沈着性腱板炎」や
「腱鞘炎」「腱板炎」などがあります。

最後に

治療法が異なるため、
肩につらい痛みがある時は
自分で判断せず、
整形外科を受診して診断してもらう事を
おススメします。

姫路で、腰痛、膝痛、股関節痛、
肩こり、頭痛などでお悩みの方は、
是非「姫路整体院 にこにこ」へ
お越しください。

ライン@の登録にて、
無料相談を行っています。
登録お願いします。
友だち追加

良い理学療法士・作業療法士の見分け方

2018.03.05 | Category: 理学療法士・作業療法士,生活アドバイス,肩こり,肩関節周囲炎,腰痛,高齢者

おはようございます。
院長の堀です。

皆さん、
リハビリテーションという言葉はご存知ですか?
多分、15年前に比べ知っている人が多いかと思います。
理学療法士・作業療法士などの言葉は、
リハビリに比べ認知が低いと感じています。

今回、私自身も理学療法士として
在宅生活期において関わらせて頂いています。

患者様で
良いリハビリの先生ってどんな先生だと聞いた事があります。

結論から先にいいます。
「人それぞれであり、良い先生の概念は変化します」

私自身は、痛みや辛い症状を軽減させ、
動けなくなった手足を、少しでも動きやすくし、
生活しやすいように導きだすのが良いリハビリの先生だと、
今でも思っています。

しかし、
患者さんがそれを望んでいない場合は、
そうとはなりません。

患者の望み
 〇しんどい事はしたくない
 〇どうなってもよいなど気持ちが低くなっている
 〇入院中の暇つぶし

など、リハビリとしての考えが、そもそも違う場合です。
目標設定を患者さんと一緒に行い、
しっかり説明し分かってもらい、
気持ちを上げる事も、リハビリの大事な仕事です。

しかし、
そもそも、
しんどい事はせず、適当にキャバクラ様に話をするだけで
手足に重りをつけ運動させたり、お手玉や輪投げなど遊び道具を使って運動などして
終了する。
それでも立派なリハビリですが、
その先生が何をもってそれを行っているか?
それが大切な事です。

本当に、ろくでもないリハビリの先生も沢山います。
資格をとったらそれで十分な世界だからです。
そんな先生を変えられるのは、
患者さんです!!
だから、変えてください!
組織の中には3割ぐらいいます。
そこから腐ったミカンのように増えたり減ったりはしていると思います。

勘違いしないでほしいのは、
良い先生もいるという事です。
休日になると、自分のスキルを磨くため
セミナーに参加したりしている先生もいます。
どうしたらよくなるのか?悩んでいる先生も存在します。

姫路近郊で、もしリハビリ情報を知りたい方は、
気軽に相談しても構いません。
LINE登録して、そこからメールをください。
返事かける時に返事しますので。

疾患別セミナーについて②

2017.09.05 | Category: 日本徒手医学リハビリテーション協会,肩関節周囲炎

今、リハビリ業界は、急性期、地域包括・回復期病棟、生活期のリハビリにおいて、腰痛・肩関節周囲炎、膝関節痛など、どの環境でも遭遇しますね。

今回は、

肩関節周囲炎編

についてです。

みなさん一度は診たことがありますよね?

 

何をしますか?

問診、視診、触診で触れていき、評価していきますね。

痛みがつよく、可動域を測定してもどの方向にも痛み・制限が見られる。

そのような状況よくあり、

何筋の問題なのか?どこが問題なのか?

ジャーナルや本など沢山見て、勉強しますよね。

次回来院された時に、何をしようとか考えながら!

 

しかし、なかなか患者さまは良くならない。

そう、時間がかかるのです。半年~一年。

私自身も40分~60分、2単位~3単位行っていましたが、

現在は20分、1単位で終わらないと、

返還されます笑

できない時代になったという事です。

 

しかし、現場はどうでしょうか?

悩んで悩んで、リハビリを行い、

患者様をよくできない!

「悔しい」「患者様に申し訳ない」という気持ちが

熱心なセラピストは思っています!!


愚痴

知っている、クズセラピストは、本当に何も思っていません。

そんなセラピスト、どれほどいるのか?

本当に怖いです。

 

あなたが、これを見ている時点で、そのようなセラピストではありません。

なんとかしたいと思い、行動を起こした結果、

このブログにたどりついたのです。


話を戻すと、

検査結果をどのようにいかしていけば良いかわからない!!

整形外科検査、MMT、ROM、肩甲上腕リズム?体幹評価など知っているけど、

何をすればわからない。

 

とりあえず、モビ。ROM、マッサージなどするも

一向によくならない。

 

肩関節周囲炎の患者様に20分で評価~治療が到底できない。

自信がない!!

そんな方、是非、当協会のセミナーに参加ください。

お待ちしています。

 

 

 

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

*営業時間は10時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒670-0012
兵庫県姫路市本町68-290 イーグレ姫路112区画

駐車場

イーグレ姫路の建物内に駐車場は完備されておりますが、少々割高なため、近くのコインパーキングをご利用ください。

詳しくはこちら

休診日

不定休