- Blog記事一覧 - 足の痙攣の記事一覧

足の痙攣の記事一覧

足が攣るって、どうすれば予防できるの?

2017.06.21 | Category: 腰痛,足の痙攣

こんにちは

「腰痛シリーズ その㉟」です。

何度も激しい痛みを繰り返しているのなら、

日頃から予防しておく事が大切です。

 

どうすれば予防できる?

・バランスよく食事を摂る

・冷えを改善する

・適度な運動をする

・水分補給をしっかりする

 

運動中に足が攣るのを防ぐには、

運動前後にストレッチをしっかり行う事が大切です。

それにより、筋肉にかかる負担を少なくしましょう。

 

睡眠中の足が攣る症状を予防するには、

温める事です。寝る前にお風呂を入る。

冷え症の方は湯たんぽや腹巻きをして寝るなどしてみてはどうでしょうか?

1~2度体温を上げる事で睡眠効果も上がるので、良いと思いますよ。

 

またマグネシュウムなどのミネラルや水分の不足も、

足が攣る事の大きな引き金になりますので、

栄養と水分をしっかりとる事がとても大切です。

ビタミンEも効果的(ワカメ、かぼちゃ、

アーモンド、玄米、ひじき、しらす)と言われています。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

腰痛(ぎっくり腰・産後の腰痛・慢性腰痛)

肩こり・頭痛・ストレートネック、膝痛(変形性膝関節症・オスグット)など

お困りの方は、是非、[肩こり・腰痛専門]姫路整体院 にこにこ

に問い合わせください。

足が攣るって、どんな病気があるの?

2017.06.20 | Category: 腰痛,足の痙攣

こんにちは

「腰痛シリーズ その㉞」です。

よく腰痛患者様、骨折・脳梗塞の方など、

病院勤務している時に、多く認められました。

今回は、足が攣るってどんな病気が考えられるか?について、

お話していきます。

 

足が攣るって、いったいどんな病気が考えられるの?

頻繁に足が攣るっていう方は、こんな病気が疑われます。

・糖尿病

・椎間板ヘルニア

・脊柱管狭窄症

・動脈硬化

・下肢の静脈瘤

 

糖尿病が悪化してくると、

合併症である神経障害によって、足が攣りやすくなります。

また、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症では、

筋肉の緊張して血行不良が元になって、

足が頻繁に攣るという症状が起こる事があります。

動脈硬化や下肢静脈瘤なども同じと言えます。

 

結局、血流が問題している事は確かですね。

みなさん、冷えに注意してください。

患者様とかには、常温の水、お白湯が良いですよと

進めています。

 

一流の治療家のみなさんは、

食べ物なども気にして実生活を送られています。

 

え!僕ですか?

見ての通りです。

だから、最近腰痛が、、。ダメです。

自分で治療できればいいんですけどね笑

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

腰痛(ぎっくり腰・産後の腰痛・慢性腰痛)

肩こり・頭痛・ストレートネック、膝痛(変形性膝関節症・オスグット)など

お困りの方は、是非、[肩こり・腰痛専門]姫路整体院 にこにこ

に問い合わせください。

足が攣る原因って?

2017.06.19 | Category: 腰痛,足の痙攣

こんにちは

「腰痛シリーズ その㉝」です。

筋肉の痙攣を引き起こす要因は、たくさんあります。

以前、少し触れましたが、もう一度詳しく足が攣る要因を挙げていきます。

 

足が攣る原因はなんなの?

・骨盤の歪み

・身体の冷え

・筋肉の疲労や衰え

・電解質バランスの乱れ

・水分やミネラルの不足

・薬の副作用

 

このような理由で、

筋肉を正常に動かすための指令が上手く働かなくなってしまうのです。

また、この他にも、肥満があります。

どうしても、筋肉・神経など脂肪などにより圧迫が想像できますよね。

そのため、足の攣りなどを誘発すると考えれています。

 

腰痛の方、痛みや痺れに加え、

足が良く攣るという方は、柔軟確保と体重減少を図る必要がありますね。

それにより、体にかかる負担を、少しでも楽にさせましょう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

腰痛(ぎっくり腰・産後の腰痛・慢性腰痛)

肩こり・頭痛・ストレートネック、膝痛(変形性膝関節症・オスグット)など

お困りの方は、是非、[肩こり・腰痛専門]姫路整体院 にこにこ

に問い合わせください。

足が攣るってどういう事?

2017.06.18 | Category: 腰痛,足の痙攣

こんにちは

「腰痛シリーズ その㉜」です。

足が攣るメカニズムについて、

今回はお話していこうと思います。

 

足が攣るってどういう事?

足が攣る時って、筋肉がピクピクしていますね。

それは筋肉が痙攣しているんです。

 

筋肉は、脳からの指令で神経をたどり筋肉に伝わり収縮します。

この命令の伝達には筋肉内の電解質やミネラルバランスが関わっています。

そこで、筋肉の疲労や様々な理由で、

その電解質やミネラルバランスが乱れてしまうと、

命令以上に筋肉が収縮してしまい、痙攣が起きてしまうんです。

 

規則正しく生活を送り、

運動・食事をバランスよくとっていると大丈夫という事です。

 

病院勤務時、良く攣る人がいました。その方は、運動不足、筋力が乏しく、

朝方に良く攣ると言っていました。

しっかり水分をとるように促すと、らくになった経験があります。

 

皆さんも気をつけて水分をしっかりとるようにしてください。

これからの季節は大切ですよ。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

腰痛(ぎっくり腰・腰椎分離症、腰椎椎間板ヘルニア)

肩こり・頭痛・ストレートネック、膝痛、股関節痛など

お困りの方は、是非、[肩こり・腰痛専門]姫路整体院 にこにこ

に問い合わせください。

攣りやすい人って?

2017.06.17 | Category: 腰痛,足の痙攣

こんにちは

「腰痛シリーズ その㉛」です。

僕は昨日背伸びしたら足が攣りました(´;ω;`)ウゥゥ

ほんまに辛かったです。

僕の場合、1年で10キロ以上太り、

体が非常に重いです。だから、

腰痛も感じるようになりました。だめですよね?

ダイエット中です。

成功したら、みなさんに指導していこうと思います。

是非、モリタリングしてもいいよという方、僕にメール下さい。

もちろん、無料で行います。

 

本題に戻りますね。

今回は、患者さんによって攣る人もあれば攣らない人もいて、

なんでなんだろうと考え勉強した事がありました。

不思議でした。

 

攣りやすい人ってどんな人?

①高齢者

②妊娠中の女性

③服薬中の人

 

筋力が弱まってくる高齢者の方は、

足が良く攣ると言われています。

またありとあらゆるマイナートラブルが生じやすい妊婦中ですが、

足がつることもよくあるトラベルの一つです。

 

妊婦さんに足の痙攣が起きやすい理由として、

冷えやすい人が多いというのが一点。

あとは、赤ちゃんの重みなどで骨盤の歪みや、

姿勢不良が多いかぶさっている事が挙げられます。

 

また薬剤の影響で足が攣りやすくなる事もあります。

・高血圧・狭心症

・甲状腺疾患

・高脂血症

・糖尿病

・ホルモン剤

 

これらの病気の治療薬には、

利尿作用や体内の電解質に働きかける作用があるものがあります。

コヒーにもありますので注意してくださいね。

そのせいで、足が攣るという副作用が起きてしまう事があります。

思い当たる方は、主治医に相談してみるといいですね。

 

妊婦さんは、まずは体を冷やさない事、

骨盤ベルトなどを着用する事で、

「足が攣る」というのを予防できると思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

腰痛(ぎっくり腰・産後の腰痛・慢性腰痛)

肩こり・頭痛・ストレートネック、膝痛(変形性膝関節症・オスグット)など

お困りの方は、是非、[肩こり・腰痛専門]姫路整体院 にこにこ

に問い合わせください。

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

*営業時間は10時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒670-0012
兵庫県姫路市本町68-290 イーグレ姫路112区画

駐車場

イーグレ姫路の建物内に駐車場は完備されておりますが、少々割高なため、近くのコインパーキングをご利用ください。

詳しくはこちら

休診日

不定休