- Blog記事一覧 - 高齢者の記事一覧

高齢者の記事一覧

ヒートショックって何?

2018.01.12 | Category: 姫路腰痛,雑談,高齢者

おはようございます。
院長の堀です。

寒くなっていますが、
お体大丈夫ですか?

痛み、転倒など
寒くなり、体がこわ張る事で
引き起こされやすくなります。
また、
血管が縮む事で、
血管関係の脳梗塞や心筋梗塞などの疾患も
引き起こされやすいと言えます。

温度変化により
様々に病気が引き起こされるため
注意してください。
「自分がならない」
「まだそんな病気にならない」
など思ってはいないでしょうか?

油断は禁物です!!
もう5万人ほどの患者さんと向き合ってきましたが、
皆さん、誰もが病気になろうとしてなった人はいません。
「まして自分が」、「ちょっとした油断が」、
「いつもと違う事をしてて」「違う事を考えて」、
など、いろいろな言い訳がでてきます。

違います!!
あなたの体は、
そうなるぐらい低下・悪くなっていたのです。

・何か考え事をしてて
  ⇒2つの課題処理ができない
   注意機能低下
・つまづいて、いつもと違う動きをしてて
  ⇒足が上がっていない
   筋力低下

  など、自分では分かっていないだけで、
体の機能は低下しています。

普段からの
機能維持のため、
「普段動いているから」と普通の生活をおくるだけでなく、
『普段の生活+体操・運動が必要です』

本題にもどります。
ヒートショックに注意してください。
「風呂場から脱衣所」、「部屋からローカ」、
「家から外」と温かい所から寒い所といった
温度変化があるところで、
血管が急に縮む事により、
脳梗塞、心筋梗塞が起こりやすくなります。

温度変化が少なくなるように
環境を整えておく事が
健康寿命の延命につながります。

姫路市内で腰痛や膝痛、
股関節痛など、
痛みで困っている方、
是非、当院にお越しください。

LINE登録で、無料相談を実施しています。
https://line.me/R/ti/p/%40kry0363g

圧迫骨折による歩行への影響は?

2017.07.22 | Category: 歩行,腰椎圧迫骨折,腰痛,高齢者

こんにちは

姫路整体院 にこにこの院長の堀です。

今日もブログを見て頂いてありがとうございます。

ほんとうに暑いですね。しっかり水分とってくださいね。

足が良く攣る人は、バナナとか食べると良いですよ。

 

今回は「腰痛シリーズ その㊵」をお話していきます。

昨日は、歩き方自体のお話を少ししました。

今日は、具体的なお話をしていきます。

 

歩行への影響は?

円背では、脊柱の重心は前方へ移動するが、凹円背ではある程度もとに戻ります。

全後弯となると重心は前方へ大きく移動します。

円背では股関節を過伸展し膝は軽度屈曲位の歩行となるが、凹円背では代償されます。

全後弯となると股関節は強度過伸展し膝は強度屈曲位となるか、

あるいは杖や押し車での前屈歩行となります。

腰椎前弯という代償がない円背では仙骨が後彎し、起居動作・歩行能力は低下します。

また、円背があると、腰椎背筋群のコンパートメント内圧が上昇し筋阻害状態となり、

筋・筋膜性腰痛と間欠跛行が生じてきます。

 

難しいですね。

簡単にいうと、腰が曲がった高齢者の方をイメージしてください。

腰が90度近くまで曲がってしまうと、前に杖や押し車などなければ、姿勢を保つのが大変ですよね。

背中の筋肉などがパンパンに張るというか、負担が増し、腰痛などが出現してきたり、

歩行がしづらくなったりしますね。

 

曲がりだしたら、徐々にきますので。

早急な対策が必要です。

気をつけて下さいね。普段の姿勢が大切になってきます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

腰痛(ぎっくり腰・産後の腰痛・慢性腰痛)

肩こり・頭痛・ストレートネック、膝痛(変形性膝関節症・オスグット)など

お困りの方は、是非、[肩こり・腰痛専門]姫路整体院 にこにこ

に問い合わせください。

高齢化と圧迫骨折について

2017.07.19 | Category: 腰椎圧迫骨折,腰痛,高齢者

こんにちは

「腰痛シリーズ その㊲」です。

本日は、僕が独立した原因の一つである、

医療現場というか、リハビリの現場のお話と、

高齢化と圧迫骨折の関係についてお話します。

 

まずは、

高齢化と脊椎圧迫骨折の原因(圧迫骨折は増えているのか?)

長期的に脊椎圧迫骨折発生率を観察すると、

発生率は近年減少している。しかし、年齢とともに、

脊椎圧迫骨折発症率は高くなるため、

高齢化社会においては、

脊椎骨折予防は、医療および社会経済面から重要と考えます。

 

で、病院の現場はどうでしょう??

リハビリ業界において、

誰がやっても、一所懸命やっても、

ぺちゃぺちゃしゃべってるだけでも、

みな同じなんです。

 

別の言い方にします。

患者さんからみてどうでしょう。

何も知らない人なら、

または、あまり運動したくない人なら、

運動をあまりしないで楽で、

今どきの子なので若いので、

キャバクラのような感じになり、

「喜ぶでしょう」

患者さんの満足度は高くなります。

逆に、一生懸命、リハビリを考えている先生では、

「嫌がられます」

 

おかしな世界になってます。

 

それは、訪問リハビリも、

同じです。

 

お客様の言いなりで、嫌な事をされると、

「交代して」となります。

 

何がいいたいか?

お客様しだいで、リハビリ業界は変わると言いたいんです。

 

そうは言っても、そんな事は難しいと思います。

だから、現場は変わらないでしょう。

だから、独立しました。

手法は違いますが、僕なりに

痛みで悩んでいる方に、向き合っていきたいと思ったんです。

 

現場はひどいです。

特に、作業療法士は笑

何もできないです。僕がいた病院、

知っている範囲ですけど。

 

結局、愚痴になりましたね笑

 

もっと言いたいんですけどね。

現場はヒドイと思ってください。

そうしているのは、政府であり、患者一人一人です。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

腰痛(腰部脊柱管狭窄症、腰椎ヘルニア、慢性腰痛)

ストレートネック、膝痛(変形性膝関節症・オスグット)など

お困りの方は、是非、[肩こり・腰痛専門]姫路整体院 にこにこ

に問い合わせください。

高齢者の圧迫骨折と腰痛について

2017.07.18 | Category: 腰椎圧迫骨折,腰痛,高齢者

こんにちは

「腰痛シリーズ その㊱」です。

今回から、高齢者の圧迫骨折と腰痛との

関係性を考えていきます。

で、今回は、骨粗鬆症と圧迫骨折について話していきます。

 

病院では、良く見る骨折です。

後方への転倒や、尻もちなどによって起こるんですけど、

中にはハッキリした原因が分からず、

日常の生活をおくっているだけで、骨折した患者様も診られます。

そういう方は、骨粗鬆症が原因かと考えられます。

 

骨粗鬆症の成因は?

骨粗鬆症は、骨吸収と骨形成のバランスの破綻によってもたらされる。

遺伝的因子、女性ホルモンなど内的ホルモン、

ライフスタイル(カルシュウム摂取、運動、喫煙など)などが、

骨代謝バランスの調整系に異常をもたらし、

骨粗鬆症の原因となると言われています。

 

骨粗鬆症は脊椎など骨関節にどのような影響を及ぼすか?

骨粗鬆症は、骨量が減少し、骨脆弱性が増し、骨折を起こりやすくなった状態です。

特に、脊椎(背骨)、大腿骨頸部(足の付け根)、

橈骨遠位端(手首)、上腕骨近位(肩の近く)は骨折しやすい部位です。

 

高齢者に多い骨折です。

腰痛も辛いですけど、骨折自体も痛くて辛いです。

 

現在も、圧迫骨折後の方が、

当院で来られてますけど、

痛みが強いですね。

筋肉・筋膜、骨格系を調整し、

痛みの軽減を図っていますが、

やはり組織の損傷からくる痛みは、

時間が要します。

 

そのため、しっかり筋力をつけ

組織を守る必要があります。

 

しかし、、、、

腹筋、体幹が弱い方が多いので、

なかなかスムーズな経過をたどる事が

できないのが現状です。

 

しっかり、病院で入院している間に、

練習すればよいだけですけど、

患者様に聞くと、

「そんな事聞いてないです」

「お話だけする人」「ただ足を摩るだけの人」

「一所懸命な人も2人いました」

この話は、回復期の病院です。

ほんまに情けないと思います。

 

次回、この情けない事情と、

現在・今後直面してくる高齢者社会について

お話します。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

腰痛(ぎっくり腰・産後の腰痛・慢性腰痛)

肩こり・頭痛・ストレートネック、膝痛(変形性膝関節症・オスグット)など

お困りの方は、是非、[肩こり・腰痛専門]姫路整体院 にこにこ

に問い合わせください。

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

*営業時間は10時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒670-0012
兵庫県姫路市本町68-290 イーグレ姫路112区画

駐車場

イーグレ姫路の建物内に駐車場は完備されておりますが、少々割高なため、近くのコインパーキングをご利用ください。

詳しくはこちら

休診日

不定休