- Blog記事一覧 - 鵞足炎の記事一覧

鵞足炎の記事一覧

アプローチは?

2017.06.28 | Category: スポーツ障害,鵞足炎

こんにちは

「スポーツ障害シリーズ その⑩」です。

鵞足炎について、お話しており、

今回は、アプローチについて話していきます。

 

アプローチは?

鵞足部の骨腫瘍を合併している場合などを除き、

鵞足炎そのものが手術適応になる事はないです。

鵞足炎治療の原則は保存療法であり、

多くの場合は、局所の安静のみで炎症症状は鎮静化する。

しかし、スポーツの場合には安静期間が取れない場合ありますよね?

とっている間のブランクがその後の選手活動に大きな影響を及ぼす場合があるため、

安静が守れない事が多いですよね。

 

したがって、選手本人のみならず、トレーナーやコーチにも病態をよく説明し、

協力を得ながら、ハムストリングに負荷をかからないようなトレーニングメニューを指導する。

 

ハムストリングの緊張を和らげるため、ストレッチを行うことも推奨されているが、

炎症の強い時期に過度にストレッチを行うとかえって炎症が増悪することがある。

炎症症状が強い場合には、軽いストレッチにとどめ、十分な局所の安静とともに、

アイシングや外用消炎剤の塗布、消炎鎮痛剤の投与などを併用すると良いと思います。

 

診断的治療として局所に局所麻酔剤の注入も行われる。

ステロイド剤の局所注入も行われ、

特にスポーツ選手では連日ステロイド剤の局所注入を行いながら

試合に望む姿もよくあると言われています。

しかし、ステロイド剤の頻回投与は腱の感染の危険性もあるの

で避けるべきと言われています。

 

結局、無理をすると悪化してしまいますので、

早期の対応が大切です。

これは、他の症状も同じです。

腰痛、肩の痛み、首の痛み。

悪くなってから来られる事が大半です。

で、「治らない」など、言いたい事を言っている患者様も

多いです。

 

やる事をしっかりやって、言いましょう!

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

腰痛(ぎっくり腰・産後の腰痛・慢性腰痛)

肩こり・頭痛・ストレートネック、膝痛(変形性膝関節症・オスグット)など

お困りの方は、是非、[肩こり・腰痛専門]姫路整体院 にこにこ

に問い合わせください。

受傷機転は?

2017.06.27 | Category: スポーツ障害,鵞足炎

こんにちは

「スポーツ障害シリーズ その⑨」です。

鵞足炎について、症状、状態について、前回お話しましたね。

今回は、受傷機転についてお話します。

 

受傷機転は?

鵞足炎の発症要因は鵞足に通常より大きな非生理的負荷が繰り返し加わる事により、

日常、運動をあまりしない人が急に運動を開始した場合や運動をしている人でも、

運動量や運動種目を変更した場合などに発症しやすいと言われています。

運動種目を変更した場合とは、分かりにくいですが、

要は使っている筋肉は動きが変わる事で、必然的に変わってきますよね。

そういう事です!

また、高齢者、女性、肥満体に多くみられ、

さらには変形性膝関節症に高い割合で合併するという報告もあります。

 

最近は、スポーツ活動の活発化、多様化に伴い、

スポーツ選手にみられる頻度が増加しています。

特に、ランニングはハムストリングに繰り返し大きな負荷がかかるため、

スポーツ選手が走行距離を急に増やした場合、

ランニングフォームを変更した場合などにしばしば発症する。

ジャンプ着地時やターンなど膝関節外反かつ下腿外旋が強制される動作で発症する事が多い。

それは、要は捻じる動作が加わる事で、炎症が起こりやすいという事です。

 

また、X脚や回内足などの下肢のアライメント異常が

潜在的に鵞足炎の大きな要因になっているという報告もあります。

 

次回は、アプローチについてお話しますね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

腰痛(ぎっくり腰・産後の腰痛・慢性腰痛)

肩こり・頭痛・ストレートネック、膝痛(変形性膝関節症・オスグット)など

お困りの方は、是非、[肩こり・腰痛専門]姫路整体院 にこにこ

に問い合わせください。

 

病態って?

2017.06.26 | Category: スポーツ障害,鵞足炎

こんにちは

「スポーツ障害シリーズ その⑧」です。

前回は、鵞足炎の症状について、お話しましたね。

今回は、病態についてお話していきます。

難し事を言っていますが、大丈夫ですか?

理学療法士の学生さんなら大丈夫ですかね?

 

病態って?

鵞足は膝関節内側ハムストリングスのうち、

腸骨に起始部をもつ縫工筋、恥骨に起始部をもつ薄筋腱、

坐骨に起始部をもつ半腱様筋の3つの腱が脛骨付近内側部に扇状に付着する部分である。

付着部の形態が鵞鳥の足に似ている事から鵞足と命名されたみたいです。

強力な筋力を有するハムストリングスのよる牽引力が鵞足部に繰り返し加わり、

その解剖学的特徴により、膝関節の屈伸にともなう内側側副靭帯の前縦走線維と

鵞足との間の摩擦が繰り返されることにより、

腱の付着部や鵞足滑液包の炎症をきたしたものが鵞足炎である。

 

次回は、受傷機転について、話していきますね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

腰痛(脊柱管狭窄症・腰椎ヘルニア・ぎっくり腰)

ストレートネック、膝痛(変形性膝関節症・オスグット)、肩関節周囲炎など

お困りの方は、是非、[肩こり・腰痛専門]姫路整体院 にこにこ

に問い合わせください。

鵞足炎って?

2017.06.25 | Category: スポーツ障害,鵞足炎

こんにちは
「スポーツ障害シリーズ その⑦」です。
今回から、鵞足炎について数回にわけて、
お話していきます。
まずは、症状について話していきますね。

鵞足炎の症状って?
軽度の鵞足炎の臨床症状は、
膝関節内側部の圧痛と運動時痛だけの事が多いが、
炎症が高度になると局所の腫脹と熱感を伴います。
また鵞足滑液包炎では、滑液の貯留を伴う事もある。
鵞足の緊張は伸展位で高くなるため、
症状が強い場合には膝関節は軽度屈曲位をとる。

鵞足炎では、ハムストリングが緊張している状態で
膝関節の屈伸を行う際に疼痛が生じやすいため、
階段昇降や急激な立ち上がり動作、
しゃがみ込み動作に際し膝関節内側部の疼痛を訴える事が多い。

次回は、病態について、お話していきますね。
なんかおかしいなと思ったら、直ぐに専門家に受診してくださいね。
自分で解決しないように。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
腰痛(ぎっくり腰・産後の腰痛・慢性腰痛)
肩こり・頭痛・ストレートネック、膝痛(変形性膝関節症・オスグット)など
お困りの方は、是非、[肩こり・腰痛専門]姫路整体院 にこにこ
に問い合わせください。

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

*営業時間は10時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒670-0012
兵庫県姫路市本町68-290 イーグレ姫路112区画

駐車場

イーグレ姫路の建物内に駐車場は完備されておりますが、少々割高なため、近くのコインパーキングをご利用ください。

詳しくはこちら

休診日

不定休