- Blog記事一覧 -五十肩、四十肩にならないためには?

五十肩、四十肩にならないためには?

2018.06.14 | Category: 五十肩(肩関節周囲炎),肩関節周囲炎

おはようございます。
院長の堀です。

本日から『四十肩・五十肩』について、
お話していこうと思います。

激痛で腕が上がらなくなる四十肩・五十肩って、
年齢を重ねれば誰もが通る道と諦めていないでしょうか?
また、ほっといたら治る病気だと思っていませんか?

腰痛、肩こり、肩痛などは、
症状として病院にいく事が
多いとされています。
四十肩・五十肩は、
日頃の肩関節の使い方が偏り、
筋肉自体の柔軟性低下や質の低下、
位置がずれてしまった結果、
起こることが多いとされています。

筋肉が傷めてしまっている状態ですね。

そのため、
一回なるとしばらくは痛い時期が続くと言えます。

なってしまうと、
そもそものあなた自身の
体の状態が、いわゆる「老化」ですね。
筋の柔軟性低下や筋力の低下が生じていると言えます。

中には、外傷っという事もありますが・・・。
基本的には前者が多いですね。

激痛はあるけれど画像では見るのが難しい

腕を上げようとするだけで、
肩から腕に痛みが走ります。
髪をとかしたりドライヤーで
髪を乾かす動作ができない。

就寝中に寝返りを打とうとすると、
激痛がして眠れない―など、
肩が痛くて腕が上がらなくなるのが四十肩・五十肩ですね。

診断の流れ

肩の痛みや炎症を訴えて受診した時、
X線(レントゲン)撮影、
関節造影検査、MRI、
超音波検査などを行っても、
骨や関節などに理学的所見が
何も見当たらない場合に、
四十肩、五十肩という病名がつけられます。

何故異常がないのか?

「こんなに痛いのに、異常が起こっている場所がわからないのか?」
と不思議に思うかもしれませんが、
X線やMRIによる画像診断には限界があります。

ミクロのレベルでは
確実に炎症が起こっているはずですが、
四十肩や五十肩では
それを客観的な所見としては
見ることが難しいと言われています。

同じように肩の痛みが長く続く病気で、
所見が確認できるのが
「石灰沈着性腱板炎」や
「腱鞘炎」「腱板炎」などがあります。

最後に

治療法が異なるため、
肩につらい痛みがある時は
自分で判断せず、
整形外科を受診して診断してもらう事を
おススメします。

姫路で、腰痛、膝痛、股関節痛、
肩こり、頭痛などでお悩みの方は、
是非「姫路整体院 にこにこ」へ
お越しください。

ライン@の登録にて、
無料相談を行っています。
登録お願いします。
友だち追加


月別アーカイブ

カテゴリ一覧

*営業時間は10時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒670-0012
兵庫県姫路市本町68-290 イーグレ姫路112区画

駐車場

イーグレ姫路の建物内に駐車場は完備されておりますが、少々割高なため、近くのコインパーキングをご利用ください。

詳しくはこちら

休診日

不定休