- Blog記事一覧 -高齢者の圧迫骨折と腰痛について

高齢者の圧迫骨折と腰痛について

2017.07.18 | Category: 腰椎圧迫骨折,腰痛,高齢者

こんにちは

「腰痛シリーズ その㊱」です。

今回から、高齢者の圧迫骨折と腰痛との

関係性を考えていきます。

で、今回は、骨粗鬆症と圧迫骨折について話していきます。

 

病院では、良く見る骨折です。

後方への転倒や、尻もちなどによって起こるんですけど、

中にはハッキリした原因が分からず、

日常の生活をおくっているだけで、骨折した患者様も診られます。

そういう方は、骨粗鬆症が原因かと考えられます。

 

骨粗鬆症の成因は?

骨粗鬆症は、骨吸収と骨形成のバランスの破綻によってもたらされる。

遺伝的因子、女性ホルモンなど内的ホルモン、

ライフスタイル(カルシュウム摂取、運動、喫煙など)などが、

骨代謝バランスの調整系に異常をもたらし、

骨粗鬆症の原因となると言われています。

 

骨粗鬆症は脊椎など骨関節にどのような影響を及ぼすか?

骨粗鬆症は、骨量が減少し、骨脆弱性が増し、骨折を起こりやすくなった状態です。

特に、脊椎(背骨)、大腿骨頸部(足の付け根)、

橈骨遠位端(手首)、上腕骨近位(肩の近く)は骨折しやすい部位です。

 

高齢者に多い骨折です。

腰痛も辛いですけど、骨折自体も痛くて辛いです。

 

現在も、圧迫骨折後の方が、

当院で来られてますけど、

痛みが強いですね。

筋肉・筋膜、骨格系を調整し、

痛みの軽減を図っていますが、

やはり組織の損傷からくる痛みは、

時間が要します。

 

そのため、しっかり筋力をつけ

組織を守る必要があります。

 

しかし、、、、

腹筋、体幹が弱い方が多いので、

なかなかスムーズな経過をたどる事が

できないのが現状です。

 

しっかり、病院で入院している間に、

練習すればよいだけですけど、

患者様に聞くと、

「そんな事聞いてないです」

「お話だけする人」「ただ足を摩るだけの人」

「一所懸命な人も2人いました」

この話は、回復期の病院です。

ほんまに情けないと思います。

 

次回、この情けない事情と、

現在・今後直面してくる高齢者社会について

お話します。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

腰痛(ぎっくり腰・産後の腰痛・慢性腰痛)

肩こり・頭痛・ストレートネック、膝痛(変形性膝関節症・オスグット)など

お困りの方は、是非、[肩こり・腰痛専門]姫路整体院 にこにこ

に問い合わせください。


月別アーカイブ

カテゴリ一覧

*営業時間は10時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒670-0012
兵庫県姫路市本町68-290 イーグレ姫路112区画

駐車場

イーグレ姫路の建物内に駐車場は完備されておりますが、少々割高なため、近くのコインパーキングをご利用ください。

詳しくはこちら

休診日

不定休