- Blog記事一覧 -肩関節周囲炎(五十肩)の治療で効果がない方法とは?

肩関節周囲炎(五十肩)の治療で効果がない方法とは?

2018.03.18 | Category: 五十肩(肩関節周囲炎)

おはようございます。
院長の堀です。
天気が良いと20度超える温度になり
だいぶ暖かくなっていますね。

訪問リハビリでは車での移動が多いため
窓を開けないと熱いぐらいになってます。

今回は、肩関節周囲炎いわゆる五十肩ですね。
その治療をしていて、患者さんが実際受けてきた
あまり効果がなかった治療法をお伝えします。

今からお伝えするのは、その施術・治療自体
否定しているわけではありません。

私見ですが、一つ一つは意味があるかもしれませんが、
適切な動きや、問題となるポイントが外れているため
なかなか改善しないといった現状におちいていると
考えています。

ではよくある5つは!
①肩に電気治療など物理療法を行う。
 その後の、運動が必要で、単品なら
 ただその時が気持ちが良いというだけの
 リラクゼーションになります。
②肩関節に駐車を打つ。
 関節の動きを良くしても、それを持続するような
 日々の運動、生活習慣などが必要です。
③肩関節を頑張って動かす運動療法。
動かす事は良い事です。
しかし、むやみやたら動かすのが
悪影響を及ぼす事があります。
④肩関節周辺のマッサージ
ただのリラクゼーションにすぎないです。
考えてマッサージしているのであれば
良いですが・・・。
⑤痛いところ周辺に鍼治療
 そもそも、原因がそこになかったら
 永遠に通う感じになるのでは・・・

上述した5つの治療法は、
みなが行う治療法です。

どうでしょうか?
行っていませんか?

ハッキリ言います。
魔法使いじゃない限り
一発でという事は
難しいです。
しかし、
中には、組織の損傷ではなく
ひっかかりなど生じる場合は
早期に良くなる事はあります。

五十肩は、長期化するほど、
よくありません。
また、生活習慣や姿勢などの修正も必要であり
「あなた自身」の努力も必要とします!!

なぜなら、
もうあなたの身体は、
筋肉などの軟部組織、
骨・関節などの組織が、
今まで生活してきた結果、
現在の柔軟性低下や、筋力低下、
骨密度の低下、姿勢不良などの
「負の蓄積」があるからです!

そのため、
負の連鎖を止める事が必要です!
それを行う事で、
生活しているだけで、良い姿勢で活動しているため
筋トレになってきます。
いつもは、「負の要素」が「正の要素」に変化させる!

これこそが、
誰かに依存しない、根本的改善を目指す
「姫路整体院 にこにこ」の方針です。

マッサージなど依存を考えているのなら、
姫路にもたくさんの60分〇〇円という
フランチャイズしている店がありますので、
そちらの利用をおススメします。

ライン@の登録にて、
無料相談を行っています。
登録お願いします。
友だち追加


月別アーカイブ

カテゴリ一覧

*営業時間は10時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒670-0012
兵庫県姫路市本町68-290 イーグレ姫路112区画

駐車場

イーグレ姫路の建物内に駐車場は完備されておりますが、少々割高なため、近くのコインパーキングをご利用ください。

詳しくはこちら

休診日

不定休