- Blog記事一覧 -腰部脊柱管狭窄症って何?

腰部脊柱管狭窄症って何?

2018.06.05 | Category: 姫路 腰痛,腰痛,腰部脊柱管狭窄症

おはようございます。
院長の堀です。

前回は、腰部椎間板ヘルニアについてお話しましたね。
今回は、腰部脊柱管狭窄症についてお話していきます。

腰部脊柱管狭窄症:脚のしびれや痛み排尿障害が徐々に進行する

 加齢により椎間板がすり減ったり腰椎の関節が変形することで脊柱管が狭められ、神経が圧迫されることが原因となります。高齢者に多く、徐々に症状が進行する傾向があります。足先や足底のしびれで始まることが多く、徐々に臀部やふくらはぎ・すねに引きつれるような痛みが加わってきます。長く立っていたり、歩き続けると症状が強くなるので座りたくなる。この歩いては休んで歩いては休んでを繰り返すことを間欠跛行といい、この病気の特徴的です。
 寝ているときや座ったままでは症状はなく、自転車も普通に乗れたりします。進行すると足のしびれが一日中続くようになり、屋内の歩行もつらくなったり、排尿障害が起こるようになってきます。レントゲンでは変形性脊椎症との区別が困難であり、MRIを行い神経が圧迫されて細くなっているのを認めることで診断されます。
 構造的な問題、筋力などの固定力の低下があり、メカニカルストレスが常にある事で、組織の破壊につながっていると考えられます。姿勢不良などの長年にわたる普段の生活が問題と言えます。

治療法

 神経が圧迫されても初期では痛みも軽度であり放置される事が多いです。治療としてはプロスタグランディン製剤(オパルモン)などの血流改善剤、ビタミンB12(メチコバール)、副作用の少ないセレコキシブ系の消炎鎮痛剤(セレコックス)を使用します。神経痛が強く出る様であれば抗けいれん薬(リリカ)、筋攣縮性疼痛があれば芍薬甘草湯などを使用します。
 長く立ったり歩いたりできないことが日常生活に著しい障害となったり、神経性間欠跛行が100~200m以下となったり、筋力低下・排尿障害など明らかな神経症状がある場合は、手術が必要となります。近年は小切開で顕微鏡や内視鏡で神経を圧迫している椎骨や靱帯を取り除く手術などがあります。安全性が高く、術後の回復も早くなっているので治療効果が期待できるうちに手術を受けることが重要と言われています。待機しすぎたことにより重い神経障害を抱える結果を残すことは避けなければなりません。

姫路で、腰痛、膝痛、股関節痛、
肩こり、頭痛などでお悩みの方は、
是非「姫路整体院 にこにこ」へ
お越しください。

ライン@の登録にて、
無料相談を行っています。
登録お願いします。
友だち追加


月別アーカイブ

カテゴリ一覧

*営業時間は10時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒670-0012
兵庫県姫路市本町68-290 イーグレ姫路112区画

駐車場

イーグレ姫路の建物内に駐車場は完備されておりますが、少々割高なため、近くのコインパーキングをご利用ください。

詳しくはこちら

休診日

不定休