- Blog記事一覧 -【姫路で腰痛にお困りの方へ】50代に多い腰痛とは?

【姫路で腰痛にお困りの方へ】50代に多い腰痛とは?

2018.11.01 | Category: 腰痛

おはようございます。
院長の堀です。
いつもブログをご覧頂き
本当にありがとうございます。

腰痛 姫路

本日も、腰痛においてお話していこうと思います。
今回は、『50代に多い腰痛とは?』です。
結論から言いますと、
50代以降に多いのは、
「変形性腰椎症」、「変形性腰椎すべり症」、
「腰部脊柱管狭窄症」です。

その事について、
お話していきますね。

50代以降に多い「変形性腰椎症」、「変形性腰椎すべり症」、「腰部脊柱管狭窄症」の場合

これらの変形性疾患や狭窄症などは、
主な原因は加齢によるものになります。

予防法としては、
良い姿勢を保つことや骨や筋肉を鍛え、
しっかりと栄養を摂ることなどがあげられます。

当院では、必ず体幹の評価を実施します。
それは、
必ず、弱いからです。
弱いというか、機能していない事が多いからです。

そのため、自分の体がストレスに負けてしまい
「変形性腰椎症」、「変形性腰椎すべり症」、
「腰部脊柱管狭窄症」といった病気になってしまうのです。

それは、年を取るとどうしても
骨密度や筋力の低下などがみられ仕方ないですが・・・。

年を理由に、諦められるのならそれ良いと思いますが、
痛み我慢できますか?

嫌ですよね?

今、確認してください。

あなたの姿勢大丈夫ですか?

ダメですよね。
ダメだから、症状がでているんです。

筋力が低下することで筋肉による体の支えが弱くなり、
姿勢が悪くなったりするのは当たり前です。
そうなると、
支えられない分の負荷が骨や椎間板などに
かかりやすくなってしまい症状がでてしまいます。

だからこそ
普段から、きちんとした食事を摂り、
運動習慣を日常生活に取り入れることが大切です。
これにより体幹を支えるための筋力を維持することができ、
結果として腰痛予防につながります。

同じく50代以降に多い「腰部圧迫骨折」
腰部圧迫骨折は、
しりもちをつくなどして腰に強い負荷がかかることで、
腰部で骨折を起こしてしまう状態をさします。

これも、先ほどと同じ事が言えますが、
それに加え、加齢による骨粗鬆症が原因であることが
多いとされています。

特に閉経後の女性は、
ホルモンバランスの変化によって
骨粗鬆症になるリスクが高いとされており、
ほかにも喫煙習慣のあった人や
生活習慣が大きく偏っていた人などにも
多く見られる傾向にあります。

そのため
腰部圧迫骨折を避けるためには
骨粗鬆症を予防することが大切です。

予防法としては、
カルシウムやビタミンDといった骨を
強くする栄養素をうまく取り入れながら、
バランスのよい食事を心がけることが大切です。
また骨を強くするためには運動も不可欠です。
何より、病院に受診してください。
今は、とても良い薬があります。

骨を強くする薬です。
通っている70代の女性学的、50代の骨に変化しましたよ。

姫路で、腰痛、膝痛、股関節痛、
肩こり、頭痛などでお悩みの方は、
是非「姫路整体院 にこにこ」へ
お越しください。

ライン@の登録にて、
無料相談を行っています。
登録お願いします。
友だち追加

先月から、日本徒手医学リハビリテーション協会として
僕自身がYouTubeでセラピスト向けに
発信しているチャンネルがあるんです。
できたら、チャンネル登録をお願いします。
https://www.youtube.com/channel/UCk9wb53H69Wg-LH9N4WEj1Q


月別アーカイブ

カテゴリ一覧

*営業時間は10時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒670-0012
兵庫県姫路市本町68-290 イーグレ姫路112区画

駐車場

イーグレ姫路の建物内に駐車場は完備されておりますが、少々割高なため、近くのコインパーキングをご利用ください。

詳しくはこちら

休診日

不定休