- Blog記事一覧 - 腰椎椎間板ヘルニアの記事一覧

腰椎椎間板ヘルニアの記事一覧

【腰椎椎間板ヘルニア】ストレッチの注意点とは?

2018.09.29 | Category: 腰椎椎間板ヘルニア

おはようございます。
院長の堀です。
いつもブログをご覧頂き
本当にありがとうございます。

前回は、
腰椎椎間板ヘルニアの
ストレッチ方法について
お伝えしました。

もし、ご覧になられてない方は
そちらから見てください。

今回は、
ストレッチの注意点について
お伝えしたいと思います。

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアのストレッチの注意点とは?

腰椎椎間板ヘルニアのストレッチ方法として、
腰を反らせるストレッチを
お伝えしましたね。

あまり勢いよく腰を反らせてしまうと、
かえって腰が痛くなってしまう場合があるので、
体を起こす範囲を少しずつ加減しながら行ってください。

始めは肘を曲げたまま、
できる範囲で上体を起こし、
徐々に慣れてきて痛みがないようなら、
肘を伸ばして大きく上体を起こすようにするとよいでしょう。

また、痛みがとても強い場合は、
無理をせず安静にし、
コルセットなどをして
腰をあまり動かさないようにした方が良いです。

最後にですが、
あくまでも専門家の先生を
受診してから行う事をおススメします。

姫路で、腰痛、膝痛、股関節痛、
肩こり、頭痛などでお悩みの方は、
是非「姫路整体院 にこにこ」へ
お越しください。

ライン@の登録にて、
無料相談を行っています。
登録お願いします。
友だち追加

【腰椎椎間板ヘルニア】具体的なストレッチとは?

2018.09.28 | Category: 腰椎椎間板ヘルニア

おはようございます。
院長の堀です。
いつもブログをご覧頂き
本当にありがとうございます。

色々とセルフケアとして
自主トレについてお話しはしてますので、
それをご覧頂くと良いと思いますが・・

今回は、
『腰椎椎間板ヘルニアシリーズ』の
具体的なストレッチについてお伝えしときます笑

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアに効くストレッチの方法

腰椎椎間板ヘルニアでは、
椎間板が神経を圧迫して
痛みや痺れを引き起こしていますが、
特に前かがみの姿勢で症状が悪化します。

それを考えると
腰を反らすストレッチをすることで、
除圧する(神経への圧迫を抑える)ことが
期待できるのでは・・・・と想像できます。

具体的な方法として、
うつ伏せで行うストレッチがあります。

① うつ伏せ寝になり、両肘を曲げて胸の脇に両手の平を下にして置きます。
② 腕の力で上体をゆっくりと反らせるようにします。
③ この状態で腰の力を抜いてキープし、ゆっくりと呼吸をします。
④ ゆっくりとうつ伏せ寝に戻ります。

まずは一度行ってみてください。

もし、痛みや痺れが悪化することがないか確認しながら行ってください。
決して、勢いよくしないでくださいね。
分かりにくかったら、専門家に相談してください。

腰が楽になりそうであれば、
続けて数回行ってみてください。

仕事の合間などでうつぶせ寝になれない場合は、
立位で肩幅程度に足を開き、
手を腰に添えて上体反らしをするとよいと思います。

姫路で、腰痛、膝痛、股関節痛、
肩こり、頭痛などでお悩みの方は、
是非「姫路整体院 にこにこ」へ
お越しください。

ライン@の登録にて、
無料相談を行っています。
登録お願いします。
友だち追加

【腰椎椎間板ヘルニア】治療と改善について

2018.09.27 | Category: 腰椎椎間板ヘルニア

おはようございます。
院長の堀です。
いつもブログをご覧頂き
本当にありがとうございます。

前回から、
『腰椎椎間板ヘルニアシリーズ』について
お伝えしています。
今回は、
治療と改善について、お伝えしたいと思います。

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアの治療と改善

腰椎椎間板ヘルニアの治療として、
『痛み止め』の『薬の投与』や
『電気治療』などを行います。

しかし、ご存知の通り
残念ながらそれは痛みを
単に軽減する『対症療法』であり、
ヘルニアを小さくする効果はありません。

あまりにも症状がひどい場合は、
専門医の診察を受け、
根本的な解決法として
手術なども検討しなければなりません。

中には、
本来の位置からはみ出してしまっている
腰椎椎間板ヘルニアが
自然に小さくなっていくことがあります。

それを期待するもの良いと思いますが・・・
まずは病院にいって医者に
診てもらうのが一番です。

症状が軽い場合は、
ストレッチや体操で正しい姿勢をとり、
腰の負担を軽減できます。

姫路で、腰痛、膝痛、股関節痛、
肩こり、頭痛などでお悩みの方は、
是非「姫路整体院 にこにこ」へ
お越しください。

ライン@の登録にて、
無料相談を行っています。
登録お願いします。
友だち追加

【腰椎椎間板ヘルニア】腰椎椎間板ヘルニアの原因とは?

2018.09.26 | Category: 腰椎椎間板ヘルニア

おはようございます。
院長の堀です。
いつもブログをご覧頂き
本当にありがとうございます。

前回から
『腰椎椎間板ヘルニア』について
お話ししていってます。

今回は、
腰椎椎間板ヘルニアの原因について
お伝えしたいと思います。
腰椎椎間板ヘルニア

なぜ腰椎椎間板ヘルニアになるのか?

腰椎椎間板ヘルニアは、
日々の生活の中で、
腰椎椎間板への負担が積み重なることで起こる疾患です。

また、遺伝による個人の体質や骨の形によって
起こりやすい場合もあると言われています。

若くして発症する方もいれば、
長年の負担が積み重なり、
中高年になってから発症する方もいます。

車の運転、中腰での作業、重い物を持つ作業、
デスクワークなどを日常的に長時間する方は、
腰に負担がかかりやすく、
腰椎椎間板ヘルニアを発症しやすいです。

このような方が、当院にも多く来られています。

結局

ストレス>自分の腰の力

腰の力とは?
腰の構造ですね。
支える、またはコントロールできるだけの
腰の力が必要という訳です。

その力がないために、
様々な障害が起こってくるという事ですね。

姫路で、腰痛、膝痛、股関節痛、
肩こり、頭痛などでお悩みの方は、
是非「姫路整体院 にこにこ」へ
お越しください。

ライン@の登録にて、
無料相談を行っています。
登録お願いします。
友だち追加

【腰椎椎間板ヘルニア】腰椎椎間板ヘルニアとは?

2018.09.25 | Category: 腰椎椎間板ヘルニア

おはようございます。
院長の堀です。
いつもブログをご覧頂き
本当にありがとうございます。

本日から
『腰椎椎間板ヘルニア』について
数回にわけてお話ししていこうと思い
ます。

腰椎椎間板ヘルニアとは?

腰椎椎間板ヘルニア
腰痛や坐骨神経痛を
引き起こす原疾患として多いのが
『腰椎椎間板ヘルニア』です。

『腰椎』とは脊椎(背骨)の中の腰にあたる部分で、
『腰椎椎間板』とは腰椎の間にある円盤状の軟骨のことで、
背骨のクッションの役割を果たすところです。

『ヘルニア』とは
体の組織が正しい位置からはみ出した状態のことを指します。

だから
『腰椎椎間板ヘルニア』とは、
腰椎椎間板の中にある髄核という組織が、
本来あるべき位置から外に飛び出してしまっている状態をいいます。

はみ出している部分が神経を圧迫し、
腰痛や下肢の痺れ、
足を思うように動かせなくなるなどの運動麻痺や、
感覚が鈍くなったり過敏になったりする感覚麻痺を引き起こします。

その流れですね。

次回は、
なぜなるのか?原因について
お話ししたいと思います。

姫路で、腰痛、膝痛、股関節痛、
肩こり、頭痛などでお悩みの方は、
是非「姫路整体院 にこにこ」へ
お越しください。

ライン@の登録にて、
無料相談を行っています。
登録お願いします。
友だち追加

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

*営業時間は10時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒670-0012
兵庫県姫路市本町68-290 イーグレ姫路112区画

駐車場

イーグレ姫路の建物内に駐車場は完備されておりますが、少々割高なため、近くのコインパーキングをご利用ください。

詳しくはこちら

休診日

不定休