- Blog記事一覧

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

Blog記事一覧

骨とホルモンとビタミン

2017.11.28 | Category: 新人セラピスト 実習生,日本徒手医学リハビリテーション協会,骨粗鬆症

おはようございます。
院長の堀です。

今回も、
私自身が代表務める
日本徒手医学リハビリテーション協会
のブログからです。
興味のある方はHPを
除いてくださいね
https://peraichi.com/landing_pages/view/jmr2525

骨とホルモンとビタミン
骨の成長、骨のリモデリング、生体の無機質の恒常性維持に、ある種のビタミンやホルモンが重要な働きをしている。特にカルシウム代謝では、血中濃度を適正に維持するため、骨に蓄えられたカルシウムの出納にビタミンやホルモンが複雑に関与している。

①上皮小体ホルモン(副甲状腺ホルモン)
 破骨細胞の活性化による骨吸収の促進、血中カルシウムの増加、腎臓における活性型ビタミンDの合成促進、関節的に腸管からのカルシウム吸収促進の作用がある。

②カルシトニン
 甲状腺のC細胞から分泌され、上皮小体ホルモンとは逆に作用する。破骨細胞による骨吸収の抑制、骨芽細胞の活性化による骨形成の促進、血中カルシウム濃度の減少などの作用がある。

③成長ホルモン
 下垂体の前葉から分泌されている。主な機能は蛋白の合成、軟骨発達の促進、脂肪の分解作用である。骨に対しては骨端成長板の軟骨細胞を活性化して、骨の長径の発育を促進する。

④ビタミン
 ビタミンDは脂溶性ビタミンの一種であり、腎臓で産生される活性型ビタミンDがカルシウム代謝に関与する。
 ビタミンDは骨に対する石灰沈着を促進する。ビタミンAは骨端成長板の軟骨細胞に作用して、骨成長を促進する。ビタミンCはコラーゲン合成している。

◇まとめ
 上皮小体ホルモンとカルシトニンが逆の作用をしており骨の形成のコントロールしているようです。
また、ビタミンはDだけでなく、A・Cも重要です。やはり食生活はバランスが大切ですね。

骨粗鬆症の治療

2017.11.27 | Category: 新人セラピスト 実習生,日本徒手医学リハビリテーション協会,骨粗鬆症

おはようございます。
院長の堀です。

今回も、昨日と同じで
私自身が代表を務める
日本徒手医学リハビリテーション協会の
ブログからです。

骨粗鬆症の治療について

食事療法、運動療法、薬物療法があり、とくに食事療法と運動療法は、骨粗鬆症の予防の基本となります。薬物治療が必要な場合は、症状の有無にかかわらず、治療を続けていくことがとても大切です。

①食事療法:
骨粗鬆症の治療や予防に必要な栄養素は、骨の主成分であるカルシウムやタンパク質、骨のリモデリングに必要なビタミンD、ビタミンKなどです。
これらの栄養素を積極的にとりながら、バランスの取れた食生活を送ることが大切です。
食塩、カフェイン、アルコールなどのとり過ぎは良くありません。

②運動療法:
骨は、運動をして負荷をかけることで増え、丈夫になります。さらに、筋肉を鍛えることで体をしっかりと支えられるようになったり、バランス感覚がよくなったりし、ふらつきがなくなって、転倒を防ぐこともできるため、運動療法は骨粗鬆症の治療に不可決です。
骨量を増やすためにはウォーキングやエアロビクスなど、中程度の強度のある運動が効果的ですが、必ずしも激しい運動をする必要はありません。散歩などを毎日あるいは週に数回、長く続けていくことが大切です。

③薬物療法:
食事療法や運動療法を行うと同時に、骨の吸収を防ぎ骨量を増やす薬や骨の形成を促進し、骨量を増やす薬などを使って治療を行います。
・ビスフォスフォネート製剤(エチドロネート・アレンドロネート)
・選択的エストロゲン受容体モジュレーター(SERM:サーム)製剤
・副甲状腺ホルモン製剤
・ビタミンD活性剤
    などの飲み薬や注射などが存在します。

骨粗鬆症とは?

2017.11.26 | Category: 新人セラピスト 実習生,日本徒手医学リハビリテーション協会,骨粗鬆症

おはようございます。
院長の堀です。

今回は、
私が代表を務める
日本徒手医学リハビリテーション協会
のブログで書いた内容です。
リハビリの
学生・新人、若いセラピスト向けです。

興味のある方は読んでください。

骨粗鬆症について

概念:
骨粗鬆症は、骨量が減少し、骨の微細構造が劣化したために、骨が脆くなり骨折しやすくなった病態と定義されている。
骨折や寝たきりなどさまざまな障害を防ぐために、骨粗鬆症は、早期発見・早期治療がとても大切な病気です。
骨の強度には「骨密度」と「骨質」の2つが関係しています。
「骨密度」とは骨に含まれるミネラルの量で、「骨質」とは骨の素材としての質やその素材をもとに作り上げられた構造特性の状態です。この骨質は骨の代謝の状態によって影響を受けます。

原因:
閉経による女性ホルモンの変化などのホルモンのアンバランス、加齢、栄養のアンバランス、運動不足、他の病気や病気の治療薬などのさまざまな原因が関係して、骨の代謝に異常が生じ、骨密度が減ったり、骨質が悪くなることで起こります。

症状:
慢性の腰背部痛を訴える。わずかな外力でも容易に椎体の圧迫骨折をきたし、急性腰背部痛を生じる。その数が多くなると脊柱が後弯し、身長が短縮する。
また、転倒や軽微な外力で大腿骨頸部骨折や橈骨遠位端骨折を起こす。

なぜ関節周囲に感じるのか?

2017.11.25 | Category: 筋膜って何?

おはようございます。
院長の堀です。

「筋膜リリースシリーズ」です。
今回は、筋膜に問題が生じた場合、
どこに痛みを感じるのか?
お話していこうと思います。
筋膜に問題が生じた場合、
一体どこに痛みを感じるのか?
それは、関節周囲に痛みを感じます。

原因は筋力を出すときに
筋肉が固くなる部分の筋外膜にあるのですが、
痛みは関節に感じるのです。
でも実際には筋外膜の特定の部分を押すと
飛び上がるくらい痛いところがあります。

なぜ、関節周囲に感じるか?
筋外膜・筋周膜・筋内膜のコラーゲン線維が、
平行に並ぶように形を変え、
そして腱になるからです。
筋膜の緊張が腱を引っ張ることになり、
この腱が関節の関節包という袋を
引っ張ることになり、
この関節包の痛み受容器が
痛みを感じることとなり、
この関節包の痛み受容器が
痛みを感じることになります。

このように、
筋膜に問題のある方は関節周囲に
痛みを感じることが多いですが、
実は関節に問題があるのではなく、
筋膜に問題があることがとても多いのです。

筋膜に機能異常が生じると、
その異常を他の部分で
かばおうとして代償が生じます。
つまり深筋膜を介して、
広い範囲へと筋膜異常が
波及してしまうのです。
そして筋膜自体が自分の力で
ほぐれることができなり、
正しい姿勢の保持や
正しい動作が
制限されることになります。
その結果、筋膜痛、筋出力の低下、
柔軟性の低下、運動パフォーマンスの低下、
日常生活活動の低下などが起きてしまうのです。

また、筋膜は血管や
神経及びリンパ管を支持する他に、
それらを通過させているという
一つの異常に重要な機械的機能もあります。
筋膜が捻じれると、筋や血管、
神経までもが影響を受けることすらあるのです。
 筋膜リリースは、
この筋膜の捻じれやよじれを解消するために、
とても有効な方法になるのです。

最後まで読んで頂き
本当にありがとうございます。

腰痛(慢性腰痛・腰椎ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症)、
膝痛(変形性膝関節症・オスグット症)、
股関節痛、肩関節周囲炎、
頭痛・肩こり・ストレートネックなど
お悩みの方も、是非
「姫路整体院 にこにこ」へお越しください。

どのようにして動きが悪くなるのか?

2017.11.24 | Category: 筋膜って何?

おはようございます。
院長の堀です。
「筋膜リリースシリーズ」です。

前回は、
筋膜に問題が起きたらどうなるのか?
結果、
筋・筋膜機能異常が起こり、
筋膜の高密度化、
基質のゲル状変化・
ヒアルロン酸の凝縮化が
起こるとお話しました。

今回は具体的なお話を
していこうと思います。

上述したことが生じる事で、
筋膜上にある皮膚と、
筋膜の下にある筋肉が
それぞれ動きづらくなります。
深筋膜は筋外膜の上を
橋渡しするセーターのようなものです。
この深筋膜には筋外膜から
筋線維の一部が入り込みますので、
ある筋肉を包み込む筋外膜に問題が生じると、
その上を渡る深筋膜を介して、
そのよじれは関節を越えて
他の筋肉にまで
どんどんと波及してしまいます。

その結果、
筋外膜、筋周膜、筋内膜を通じて、
1本1本の筋線維の動きや動きも悪くなり、
十分な筋力が発揮できなくなり、
柔軟性も悪くなってしまいます。
運動している人は、
そのパフォーマンスも悪くなり、
怪我を起こす事になります。

次回は、
筋膜に問題が生じた場合、
どこに痛みを感じるのか?
お話します。
最後まで読んで頂き
本当にありがとうございます。

腰痛(慢性腰痛・腰椎ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症)、
膝痛(変形性膝関節症・オスグット症)、
股関節痛、肩関節周囲炎、
頭痛・肩こり・ストレートネックなど
お悩みの方も、是非
「姫路整体院 にこにこ」へお越しください。

*営業時間は10時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒670-0012
兵庫県姫路市本町68-290 イーグレ姫路112区画

駐車場

イーグレ姫路の建物内に駐車場は完備されておりますが、少々割高なため、近くのコインパーキングをご利用ください。

詳しくはこちら

休診日

不定休